« タネ蒔き | トップページ | 午後から雨降り »

2008-06-02

今月号はゴーヤーです

全農 親子ではじめるベランダ菜園、
6月号は「ゴーヤー」です。

つるに垂れ下がる形はぶつぶつごつごつしていて、すご〜く不思議。花は可憐だし、つるは細いのにね。
味も独特。あの苦み、大好きなんです。
ずっと買わずに我慢我慢。自分で育てた方がずーーーーーっと美味しいから。

|

« タネ蒔き | トップページ | 午後から雨降り »

「ベランダ菜園」連載」カテゴリの記事

コメント

私もゴーヤーが好きです。うちの実家は、昭和55年くらいには作っていたので、ご近所でも早いうちから作っていたかもしれません。子ども時代はオレンジ色に熟れてパックリと割れたなかから種の周りのワタを食べるのが好きでした。
昨年、仕事で農家に行ったときにゴーヤーの佃煮をいただいたのですが、ゴーヤーとは思えないくらい苦みが抑えられていたのには驚きました。
その農家の方は、食べきれないくらいゴーヤーが収穫できてしまうので、佃煮にしてご近所に配ったり、冷凍して保存するそうです。

投稿: 誠 | 2008-06-04 19:56

ゴーヤー、いいですよね。私も大好きです。
生でもチャンプルーにしても美味しいし、ターメリックをまぶしてカリカリ(クリスプ)に焼いて、野菜に混ぜても美味しいです。スリランカの料理の先生に教わりました。

佃煮ですか。味はお好きでしたか?しょっぱい?

漬けちゃうと、見た目が悪くなるんですよね。
佃煮は作ったことがないですが、沖縄の料理本を見て、黒砂糖漬けにしたことがあります。鹿児島出身の女性が「美味しい、美味しい」と言って食べてくれました。
私は、砂糖漬けがちょっと…でしたが、今年たくさんとれたら作ってみようかな。取らぬたぬき?

投稿: 海うさぎ | 2008-06-05 11:36

ゴーヤーの佃煮はそれほどしょっぱく無かったです。というのも、鰹節(削り節)がたくさん入っていて、ゴーヤーに鰹節のうまみが染みこんでいておいしかったです。
そのうまみで、苦みが抑えられていたのかもしれません。
私はゴーヤーと教えてもらうまでは、なんの佃煮か分からなかったです。苦みが「ほろ苦い」くらいにしか感じなかったものですから。

投稿: 誠 | 2008-06-05 19:57

へ〜、では沢山穫れたら(まだ発芽もしてないのに)作ってみます。
そういえば黒砂糖漬け、その苦みを消すために砂糖の量が多かったな。梅干しも入れたような。

梅干しといえば、そろそろ漬けるシーズンですよねえ。
去年は作らなかったけれど、ずーっと毎年作っていました。
納屋がないから置く場所に苦労してますけど。

投稿: 海うさぎ | 2008-06-06 09:19

今日、ちょうど梅の生産農家向けの講習会を取材したんです!生産者向けだから、栽培技術や売れるための工夫などの講習会ですが、なかなか面白いです。おまけでつけるレシピの工夫とかもあって。
海うさぎさんは、梅のしょうゆ漬けはお好きでしょうか?私は好きで毎年作っています。
青い梅500gと昆布10センチと鰹節(軽く一握り)を瓶に入れて被るくらいまで薄口しょうゆ(だいたい500cc~600cc)を注ぐだけ。冷蔵庫で2週間くらいおくと、カリカリ梅のような食感の梅と、梅風味しょうゆのできあがりです。
梅は小梅でも普通の大きさのものでもいいです。ただし、新鮮な梅ほどおいしいものができるようですよ。

投稿: 誠 | 2008-06-06 20:38

梅のしょうゆ漬け、好きも何も初めて聞きました。
へ〜、作ってみたいな。
ただ、梅の木はないので、梅の実を買わなければならないのがネックですね。

今日、三浦市南下浦町菊名の「隠れ菖蒲園」に行きましたが、いい処でした。もうひとつのブログに写真をアップしたので、見てみてくださいね〜

投稿: 海うさぎ | 2008-06-06 22:07

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月号はゴーヤーです:

« タネ蒔き | トップページ | 午後から雨降り »