« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009-09-29

フウリンブッソウゲ、遂に開花!

Hurinbusoge1_2先日蕾だったフウリン・ブッソウゲに花びらが出始めました。
昔の着物「銘仙」のようで(勝手にそう呼んでいる)、色の入り具合の絶妙なバランスはためいきものです。

咲いちゃうより、こっちの方が好き!というのも変わっているとは思うけれど。

それが開きかけると、右下のようになります。
波打つ感じがいいでしょ?
ウェーブがかった髪の毛、という気もしますね。
Hurinbusoge2
下方におしべが見えてます。

Hurinbusoge3完全に開きました。
みかんサイズで、ハイビスカスよりずっと小振り。
ハイビスカスの原種とか。

ゆらゆら垂れ下がり、はかなげな風情が気に入っています。
漢字で風鈴仏桑華、名前の通り風鈴のようにも見えますね。

「ぼんぼり」みたいでもあり、この形気に入っています。
ぼんぼりは、漢字で「雪洞」と書くんだそうです。

ここまで4日かかりました。すぐ開くワケじゃないんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-09-28

地植えにしたミニローズ

Minirose地植えにしたミニローズ「ルージュピンク」、株が一回りくらい大きくなって、開花しています。完全についたんですね〜

もうひとつの「テディベア」、アメフラ氏が草刈り機で刈ってしまい、諦めていたら、またそこから出て、花が咲いていました!大丈夫だったんですね、よかったよかった。

ここ、草ぼーぼーで、草刈りしなきゃならないんだけど、今、蚊がすごいんです。で、また春〜夏に較べて、刺されるといつまでもかゆいし、跡になるから、フラワーガーデンの方は放っぽりぱなし。
野菜の部だけで、精一杯です。

裂け目が入った「バーバラバターナッツ」を農家さんにプレゼント。
「これ、何日目?」
「えっ、知らない。そんなの1個ずつ書くんですか?」
「そうだよ〜。人工交配の日を書いとかなきゃわかんないじゃない」
とダンナさんにいわれ、オクさんはナイフを取り出して割ってみて(すぐ割るところなんてサスガですね〜)、
「あら、皮がやわらかいのね。たねも出来てる」
「あ、今まで食べたとき、たねがなかった」
「じゃ、早かったのよ」
「じゃ、なんで裂けるんだろう」
「なんでかしら」
う〜ん、プロの方たちの話はおもしろい。カボチャといえば、みやこしか知らないようですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-27

アメジストセージが咲いています

Amejisage二週間くらい前から咲いていたんだけど、いつも写真を取り忘れて、アップが遅れました。
なんたって色がいい。質感も。最初のころの、ころころした綿毛、かわいいですよねえ。
咲き乱れ始めると、ちょっと…なんだけど。
とても強い植物で、前の家の時からずっと咲いていて、大株になるんです。
こちらへ持ってきた時、ちょっと場所が悪いところに移植しましたが、全然大丈夫みたい。
出だしはかわいいもんですが、やがて勝手に伸び出して、好きにやっています。

この葉はセージといっても料理に使うことが出来ず、育っても「花より団子」にはなれません。残念。

今夕、菜園にプロの農家さん二人が訪れ、感心しながらあちこち見ていました。
シカクマメ、ジョロキアレッド、ハバネロオレンジ、白いニガウリ、ミニトマト:トスカーナバイオレットをプレゼント。

今、オレンジ色のジンジャーの花が真っ盛り。
どんどん育って、巨大化して、シークワシャーの木は相乗効果で育っています。
去年、差し上げた球根を植えて、今年もう咲いたそうです。もう一人に、今年球根を上げる約束をしています。なんたって、お二人とも、植えるとこに不自由してませんから。

片方の方は、みかん園も持っていて、グリーンのみかんをいただきました。
皮を剥くと、つーんと酸っぱいにおい。もうそんな季節なんですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-26

ウチのトマトで、トマト・パスタ

Tomapasta1相変わらず、一日ザル一杯は穫れるトマト&ミニトマト。
秋風が吹き出してから、生食するには「シシリアン・ルージュ」と「ルージュ・ボルドー」は皮が硬くなってきて、トマト・ソースにしていますが、なんだか水っぽい。
で、丁度イタリア帰りの友人が来たので、教えてもらいました。

この友人、スローフードの勉強のため、会社も辞めて、1年もイタリアで勉強していたんです。
「イタリア仕込みじゃないよ〜、作り方を教わってないもん」
だそうですが、私の敗因は、トマトの煮込み時間が、明らかに足りなかったことでした。

ビタクラフト鍋の底が焦げてしまうので、時々かき混ぜて煮詰めること一時間強。二時間近いのかな。
1/3くらいまで煮詰めると、水分が飛んで、ペースト状になりました。
これまで、時間がかかることと、もったいないという理由で、そんなに煮詰めませんでした。それがいけなかったんですね〜

Tomapasta2写真は、三崎の「まるいち」という魚屋さんの、ヒラメとカツオ、ケッポ貝のお刺身。
イタリア風に、塩・胡椒、オリーブオイルだけで食べる方が、醤油&ワサビより美味しく感じました。

昨夜食べたマグロ尾の身は特別にやわらかくて、味わい深く、なんでもすご〜く良い品だったそうです。う〜ん、ただの尾の身でも、いろいろあるんですね。ちょっと見方を教えてもらいました。

手前はナス。長ナスもリスタータ・デ・ガンディアも沢山穫れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-24

フウリン・ブッソウゲの蕾

Hurinb3玄関脇の鉢、ハイビスカスの原種という「フウリン・ブッソウゲ」、蕾をつけ始めました!
遅すぎではないですかね。去年は5月だったもの。
一応6~11月が開花期にはなっているけれど。

Hurinb1でかくなったので、今年の冬は玄関に入れなかったんですよ。外に出しっぱなし。寒さ対策もしてやらず。
スパルタ冬越えですね。
別名:面倒くさいから置きっぱなし、ともいう。

そしたら、枯れ木状になって、春が来て芽がつかない、葉も出ない。
触ってもぽきぽき折れちゃうし、水分がなさそうな感じ。
「もう枯れちゃったんだろうなあ」なんて話していました。

Hurinb2
すると。5/14、なんとなんと芽が出て来たんです。それも変な処から、続々と。
どうも中央の幹付近からだけで、古い枝からは出ないようなのです。

Hurinb4そのうち、どんどん葉が出るではないですか!
7/24には右の写真ほど葉が出揃いました。

ハマキムシにやられた葉は、徹底的に取りました。薬はかけません。取って足でつぶします(野蛮!)。
そうして、伸びた枝もしなだれかかり、ついに蕾出現、というわけです。ぱちぱち。

これで無事咲くなら、今年もスパルタ冬越えだな。ちょっと花の時期が遅いのが難点ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-23

ヘチマの雄花

空はどこまでも青く、白い雲が湧いている。なんだかこれから夏到来!みたいだけど、もう秋なんですよね。

ヘチマの雄花に、クマンバチ、チョウ(名前がわからない。茶色一色だった)、アリが来て、蜜を吸っていました。みんな嬉しいんですね。
花が咲くと、生物がやってくる、食べものになる、生きながらえる…なんてアタリマエなことに、感動しました。
お礼に足に花粉をつけさせてもらって受粉する、といっても雌花がないんですよ。
Hetima
ブート・ジョロキアの実、黄緑色にむらさきが入っていくところを撮りたいのですが、中々思っているイメージに色づいてくれません。毎日撮っているんですけどね〜、カメラマンは大変ですね。

そういえば、昨夕、いかにブート・ジョロキアが辛かったか、という講釈をしていただいていて、そんなものをあげてごめんなさい、って感じ。話題にはなあるけれど、使い途がないわ、だそうで。

昨日のカックロール、咲いていました。次の雄花も咲きそう。
でも、雌花が出来る兆しもありません。

本日の収穫は、いろいろトマト、長ナス×6(多すぎ!)、白ゴーヤー×2、オクラ×7、シカクマメ×30、ブート・ジョロキア×6、インディバミックス、バリガタ ディ チオギア

シカクマメは今ピークです。クセもアクもないので食べやすいけれど、翌日しなびてきて、黒ずみ、2日後はダメ。てことは、流通には向きませんね。だから市場に出ないのかな。

インディバミックス、バリガタ ディ チオギアもすこぶる元気。
バーバラ・バターナッツが縦横無尽に駆け回る中、ってのが適度な湿り気があったいいのかも。
穫る方としては、バーバラ・バターナッツの蔓を踏まないよう気を付けて、もうドえらく大変なんですけど。
たねが残っているので、また育苗ケースを買ってきて、たねまきしたいなあ。仕事が忙しい人がいて、ホームセンターに連れて行ってもらえません。え、バス+電車で?う〜ん、どうやって行くんだろう。どこも駅が近くないし。この辺は田舎なので、車社会なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-22

カックロール咲き始め

Kaqrolhirakikake夕方収穫に行った時に見ると、カックロールの雄花が咲きそうではありませんか!
これは明朝、開くつもりかしら?
よくわからないのですが、珍しいかと思ってパチリ。
開きかけの時は黄色いんですね。

上の方にまだ、幾つか蕾を付けています。でも雄花ばかり。

ちなみに、以前咲いたものは、一日で花が落ちました。

バーバラ・バターナッツ、今日も大きいものが2個穫れました。
白いところがグリーンなものが生育中で、クリーム色になったら熟れた目印…かしら?
黄緑色のを食べたら、少し若い味でした。だから、皮がはじけたイコール熟れている、ではないのでした。

熟れる前の大が2個、中小たくさん、なので効率がいい。というか良すぎです。もしや改良しすぎ?かと懸念され。

Mebae9/16まきの芽があちこち出ていました。
昨日来客があったので、見ませんでした。水もやり忘れ。
一昨日水やりした時には、何も出ていませんでした。
気温が高いから、速いんですね。
これは、カリフラワー:ロマネスコ ナタリノ。
水玉があるのは、水をやった直後だからです。雨が降ったわけではありません。

9/14に植えた秋冬野菜、コールラビとカリフラワーが食われて、無くなっていました。白菜も虫に喰われて、ところどころ欠けている。あの穴だらけの白菜は、元気です。ヨトウムシがいて、すぐに捕殺したから、今のところ無敵です。
苗床にたくさん育ってるから、い〜んだも〜ん、と思っていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-19

カックロールが咲きました!

Kaqrolhana遂にカックロールの花が咲きました!

オフホワイトの花びらの、繊細な美しい雄花です。
なぜだか、縦長に咲いています。

しかし、こんなに涼しい時期に、9月も終わり近くなって、雌花もないのだから、実を

Kaqrolhana3つけるのはむずかしくないでしょうか。

例え、今後雌花が咲いたとして、実をつけたとしても、大きくなるにはあまりに寒くないでしょうか?

きれいで大輪の花だから、今年は花を愛でるだけでしかないのかも。

Kaqrolhana2_2
中はこんな感じです。
めしべ、おしべが不思議な形です。ウミウシみたい。

右のニガウリの黄色い雄花と比較しても、結構大きな花です。ね?

Kaqrolhana4バングラディシュには、こんなのがゴロゴロ咲いているのですね〜

ちょっと見づらいけれど、前に写した萼部分が、花の根元にうつっています。
花びら表の黄色が透けてみえて、きれいですね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-16

秋冬野菜のたねまき

Seed植える場所が空くまで、育苗ケースにたねまきすることにしました。
1個¥52、使い終わればゴミになることだし、と4個買いました。
帰宅してから、レタス類のたねもあるので、もっと買えば良かった!と後悔しても、ホームセンターは遠いのです。今度行くまで、お預けってことで。
以前、土に還るという素材でやったら、水やりするたびに崩れてきて、切り離す時もグズグズしちゃって大変でした。もちろん、ちゃんとハサミを使いましたよ。なのに値段も高い。10倍くらい?かな(覚えてない)。エコって高い。けど安いとゴミが出る。う〜ん、ムズカシイ。

そこに、キャベツ:フィルダークラウト(先が尖った変わりキャベツ)、
カリフラフラワー;スノーボール、
カリフラワー:ロマネスコ ナタリノ(日本語でサンゴ礁って品種。変わった形で大好き。それのミニみたい)、
ブロッコリー:ドシコのたねまきをしました。
すごく小さくて丸いアブラナ科のたねだから、1カ所4〜6粒まき。
みんな出るといいなあ。でも、もし全部育ったらどこに植えるんだろう?なんて、捕らぬタヌキの皮算用ですね。へへへ。

しかし、去年はこれが出来なかった、なんて考えられません。
苗を植えるとかは出来ても、小さいたねをまくのは出来る時出来ない時がありました。
これから気温が下がると、また出来なくなるのかも。
でも、「出来るようになった」というのは大切なことだし、少しずつ回復している兆し、としましょう。眩暈も今年になってから取れたことだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-14

韓国キムチ白菜が食われてる!

Hakusaikinchiあ〜あ〜、誰がこんなに食ってるんだ!
裏返すと、黒いヨトウムシ。すぐに足で踏みつぶしたましたよ。
カリフラワーやコールラビの葉に較べて、やわらかくて美味しそうだものね。狙われても仕方ない。

こういう時、薬をかけないのは弱いです。虫を捕殺するだけじゃあ、食い尽くされて無くなることもしばしば。こっちは、そうなる姿を見ているだけ。あぁ。
Akityasainae13
苗を植え付けたところの写真です。
カリフラワー:オレンジブーケ、バイオレットクイン、コールラビ:グランドデュークを交互に植えました。
手前は、前回植えたチンゲンサイとミズナ。株間を開けすぎたので、真ん中に今回スープセロリを4苗植えて、密植気味にしてみました。
奧はブートジョロキアです。辛そう!
ここは、ズッキーニを植えていたので、広目に株間をとっていました。

今回、どこも耕運機をかけずに、そのまま植え付けました。根がついたら、魚の肥料「キリダル」をやるつもりです。

右の畝はシカクマメやヘチマがなっています。キュウリもいろいろあったんだけど、とっくに枯れてしまいました。なんかキュウリとは相性が悪いみたい。あ、この土地とは、ですよ。私じゃない。
韓国キムチ白菜は、ここの合間に植えています。時々パセリやカリフラワーも。

その右は、ケール、セロリ、カリフラワー:オレンジブーケ、バイオレットクイン。
ここにあったエアルームトマト2種(トラカルラ・ピンク・リブドとピンク・オックス・ハート)は、実付きも悪いので取りました。
映っていないけれど、その手前には里芋も植わっています。
ホント、あれこれ植わってて、そこにまた植えるから、つぎはぎパッチワーク状態ですね。

こちらも映ってないけれど、左の畝はいろいろトマトなんです。最近また盛り返して、沢山穫れ出しました。嬉しい!

写真の一番上に見えるグリーンは、例のバーバラバターナッツが、どこまでも侵食しているところなんです。そこは道にしてたから、も〜、歩きにくいったらないんです。ただでさえ歩きがおぼつかないのに。
じゃあ、取ればいいのにって?
それがまたケチだから、せっかく育っているものを取れないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-13

ブート・ジョロキアは辛かった!

Butjorokia当たったところはカラい、ポイント攻撃でしかカラくない、トマトソースにしても(つまり煮込んでも)そんなにカラくない、とウチでさんざんいわれてきたブート・ジョロキア。

昨夕、アメフラ氏がフライ返しを、半分に切ったブート・ジョロキアに突き立て、じゅうじゅう押し続けたのです。

すると煙を吸い込んで咳き込み、部屋中カラい成分が充満。これがカプサイシン?なんだかすごくカラそうなんですけど。
でも、騙されません。過去に何度も、煙にむせてなんでもなかったことがあるのですから。
その後、野菜を加えて炒めました。どうせカラくないだろう、と豆板醤まで入れて。

そしたら、ものすご〜くカラかった!!!
カラいものには強い二人、特にアメフラ氏は突出しているのです。そのアメフラ氏が汗だく。せっかくお風呂に入ったのに。それが、このカラさを証明しています。
まだ食べられるのに、私はごはんがなくなった時点でギブアップ。カラさを薄めてくれる食材がないと食べられませんよ。
夜食にそうめんと食べたというアメフラ氏。カラかったぁ、だそうです。

恐るべし、ブート・ジョロキア!
今日、隣の農家さんに余った「牛ふん」を山のように(実際、山です)いただいて、その時「これなあに?」とハバネロを指さすので、差し上げました。ブート・ジョロキアも足しました。カラいから気を付けて、とも付け加えましたよ。

Nasukamonoue賀茂茄子「紫の上」の花です。
なんだか神々しい?
コロンとまん丸いナスができます。

「ヨメに食わせたくない」ナスが、次々出来る予定。(ヨメにならなかったけど)


頑張って、一昨日届いた苗を全部植え付けました。ふう。
最後の頃は、日が暮れて、辺りが薄暗く、よく見えなくなっていました。鳥目?
でも、全部植えられてよかったなあ。ほっとしました。
今回は品目別にしないで、ランダムに混ぜて植えてみました。どんな風に育つでしょうか。

カックロール、今日も咲きませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-09-12

秋植え用の苗

Akiuenae秋植え用に予約していた苗が届きました!きゃ〜、うれしい!
こんなにいっぱいどこに植えるんだろう、まだ夏野菜が居座ってるのに、と不安に思いますが、ま、なんとかなるでしょう。(楽天的)
今回届いたのは、カリフラワー:オレンジブーケ、バイオレットクイン、コールラビ:グランドデューク、ケール:青汁用、ハクサイ:韓国キムチ白菜、パセリ、セロリ、スープセロリなんてとこです。
今日は雨だから、明日から植え付けよう。ふふふふぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-10

バーバラ・バターナッツ収穫

Butternutsまたまたバーバラ・バターナッツの皮がはじけているのを発見!
慌てて穫ると、もう一個はじけているのを見つけた。9/7には無かったのにぃ!
他にもはじけそうなもの、まだはじけそうでないものを穫りましたよ。
まだ菜園には熟れてないのが、幾つもあるのです。
これは、よく出来るんですね。しかもでかくなる!

いわゆる普通のカボチャ(みやことか)は、切ろうとして抜けなくて、包丁を刺したままの状態になりませんか?
無理に切って、手が痛い思いも何度もしています。
でも、これはコルク質がやわらかいので、切りやすい。色もきれいな黄色。クリーミィで美味しいです。

小さい丸いのは先が腐ったもの。でも食べたら大丈夫でした。少し若いので、皮ごと焼いて食べました。

1本無地で細長いのは、飛騨カボチャ。
他には無いみたい。
4苗植えて、2苗枯れ、1個しか出来ないのでは、効率悪いなあ。

あとは、いろいろトマトと、オクラ、バナナピーマン、シシトウ、シカクマメ、インディバミックス、バリガタ ディ チオギア…てとこですね。

カックロールは今日も咲きませんでした。
蕾が計7個に増えていて、三尺ササゲやゴーヤーの蔓とも絡んでいるので、どこから出ている茎かわからないものもあります。
枝分かれしている根元に、なにやら黄色っぽい葉がありました。雌花だといいなあ。まだあまりに小さくて、全然わからないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-09-09

カックロール、不動

Kaqroll9今日もカックロールは咲きませんでした。
午前中も見に行ったんだけど。
今日も確認しましたが、やはり、他の3株には蕾らしきものさえない。う〜ん。

昨日、かのよんさんのところで、カックロールは雌雄異株と知りました。この期に及んで、まだ難関が待ち受けていただなんて!

うちのはどっちだろう、と見てみましたが、小さな実がついてないから雄株かも。
Kaqroll92いや、待てよ、これは萼ではないのか。
とすると、中の蕾が開かないことにはわからないのか?

こんな風に、茎から葉と共に出てきます。

試しに、ゴーヤーの蕾(下)をのせてみます。これは雄花です。

Goyaa9本日の収穫は、いろいろトマト、ゴーヤー(白×2、グリーン×2)、ナーンベラー(ヘチマ)、シシトウ、鷹の爪、シカクマメ

ゴーヤーをプレゼントするつもりが、相手が不在でいきなりゴーヤー4本に!ナーンベラー(ヘチマ)も穫っちゃったのに!

一昨日穫った、皮がはじけたバーバラ・バターナッツも切ってみました。全然問題なかった。
ひょうたん型にならずに、はじけちゃったのかな。切れ目もふさがってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-09-08

ルリマツリ

Rurimaturi1以前、鎌倉でゴージャスに垂れ下がるルリマツリを見てから、憧れの花です。
プルンバーゴ、とも呼ばれ、このブルーはたまらなく好きな色です。
Rurimaturi2
フロックスに似た花、こののっぺりした感じは、あまり好きではないのですが、近づいて見るわけではないので、よしとしています。

特になんの手入れをしなくても、毎年大きくなってくれて、うれしい花です。
今年は肥料をやった方がいいかな。そういえば、全然やってないかも。

ハーブガーデンの中に、アシナガバチの巣を発見!
今年、草取りをしなかったもんだから、作ったようです。春には、その辺でイヌが遊んでいたんだけど、草が茂ってイヌも行かなくなった。あとは、ハチ天国ですね。
1個を退治してもらったら、草に埋もれた奥の方にもう1個あるみたいだ、と。う〜ん、それじゃ草刈りもできませんよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-07

カックロールが蕾をつけました!

Kaqrollかのよんさんに「花が咲いた」と伺い、慌てて見に行くと、なんと見慣れないものがついている!
この濃い緑の、コロンとしたものが、どうもガクのようなんです。中を見ると、蕾のようなものが見える。これは、もしかして咲くかも!
一株に4個ついていましたが、残りの三株はゼロ。
やっぱり暑さが足りないんでしょうかねえ。今年は特に暑い日が少なかったから。
花が咲いたら、またアップしますね。


本日の収穫は、トマト、ピーマン、シシトウ、シカクマメ、インディバミックス、バーバラ・バターナッツ。

バーバラ・バターナッツ、皮が幾筋もはじけているのを一個発見!
水がついて裂けたみたいですが、水が滞るところではないし、熟れすぎにしては、実がついた部分が異常に硬い。う〜ん、よくわからないけれど、穫りました。
まだ食べかけも冷蔵庫に入ってるし、スープにしたものも冷製スープにして残っている。
なのに、ごろごろ幾つも転がっているし、またどんどん育っています。たった二株で嬉しい悲鳴、ではあるのですが、どんどん伸びていくので場所がなくなってきています。
ブルーベリーの枝に絡んだものはとりました。
通路も足の踏み場がなくなり、元々歩きが不安定なうえ、蔓を踏まないように避けるのはむずかしいことこのうえない。荒っぽいリハビリだーっ!

ナーンベラー(ヘチマ)の実もどんどんついています。今まではのんびりしていたのに、涼しくなって慌てて子孫を残そうとしているのですね。毎日ナーンベラーてのもね…などと考えちゃいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-09-05

無花果と柘榴

Ichijiku2007/10/13に植えた無花果と柘榴、こんなに大きくなりました。
日当たりとしては、家の西面。朝日は当たらないけれど、西日は当たる。
夏は、時々エアコンの水がたまったらかけてました(カラダによくない水かも知れないけれど)。

無花果、高さ1m半くらい。たぶん。(隣に並ばなかったので、正確な高さは不明)
来年あたり実がつかないかなあと思って、ネットで調べたら、整枝・剪定をしなきゃいけないのね〜果樹だからね〜放任じゃだめなのね〜シュン。
Zakuro柘榴はまだ小さいです。高さ1mくらいかな。花がつきそうもないです。
植え付けてから、5〜6年だそうです。まだまだだなあ。無花果が何年かわからない。
こちらも整枝・剪定をしなきゃならない。はあ。そうですよねえ。

昨日、沢山友人に送るのに野菜を穫りましたが、今日もちゃんとありました。シシトウなんて、昨日穫ったのに、大きくなっている!

ベビーリーフから生長した春菊、1本だけ育っていて、というか、耕運機をかけたのに生き延びて、その葉を収穫しました。

バーバラ・バターナッツがあちこちにゴロゴロ出来てます。1本から幾つも穫れて、これはいいな。
味は、去年のバターナッツに較べ、普通のカボチャっぽくポクポクしてます。皮をむきやすいから、これは流行るかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-04

ジョロキア・レッド

Jorokiared_2赤くなるんですねえ。真っ赤です。
個人的には、きみどり色に紫のスジが入っていく姿が一番好きです。まだ色変わりも初期の段階。
ブート・ジョロキア。チベット人の唐辛子です。

暴君ハバネロ、オレンジ色の実が幾つもぶら下がっていて、プラスティクぽい色合いがなんともいえません。面白い。
オレンジ色になった方が辛味が増しましたが、やっぱり全体には行き渡らず、隣り合ったものだけが辛い!ひ〜って感じ。
で、こんなに辛いハバネロなのに、誰だか知らないけれど、好きな虫がいるんですねえ。
かじった跡ががあったもの。それもチョイかじりじゃなくて、結構でかい。そんなに食べて、辛くないのかなあ。
クサイ野菜にはクサイ虫、うまく出来たものです。
フェンネルにはアカスジカメムシ。これ、イタリアのサッカーチームみたいで、とても美しいですが、クサイ。カメムシだもの。

今日友人に野菜を送ろうと思って、数日前から控えめに穫ったり、穫らずに置いておいたら、バカ穫れ。
ピーマンもバナナピーマンもシシトウも鈴なり。白地にマゼンタのストライプ模様が美しいナスも、大きくなっていました。
シカクマメも沢山穫れました。あ、もちろんトマトもですよ〜。
一番下にバーバラ・バターナッツを入れて、上に積み重ねていったら、一升瓶6本が入ってきた段ボール(アメフラ氏の焼酎)いっぱいになりました。途中で終わると思っていたのに。
野菜が高騰といわれているから(ホントにそう?)、いいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-03

秋冬野菜の苗

Huyuyasainae1早いですねえ。
もう吹く風が涼しくなって、トマトやニガウリもオシマイだなんて。

また来年、と思うと更に1歳年取って、もし70年生きるとして、生まれてすぐから栽培したとして、70回しかトマトが育てられないなんて。
人生は短いですね。

写真は手前からプチ・ヴェール、芽キャベツ、茎ブロッコリーを各2本ずつ。
左に見えるのが、ニガウリの葉。丸っこいサツマイモのような葉はバングラディッシュのニガウリ、カックロール。奧は三尺ササゲの葉。
赤く見えるのはトマト。去年のこぼれ種から育ちました。
今回植えたところは、トウモロコシ跡地。一列なので耕運機をかけずにそのまま。EMぼかしだけ根があたらないところにすきこみました。

他の処に、青梗菜、水菜を植えました。

ネット注文した苗が、ごっそり来週末あたりに届く予定です。
それには夏野菜を取らなければならないし、まだ実をつけてるのに。そりゃあ全盛期に較べれば落ちますよ、でもね〜。
どれを取るべきかアタマのイタイ話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-02

ニラの花が咲いています

Nirahanabubunニラが開花しています。
こんなに可憐な花なのに、花もニラくさいんですよ。前に、グラスに差したら、いやなにおいがしたので証明済み。

強風で、食用菊が1本派手に折れてました。もうダメかも。ゴーヤーの支柱も倒れかけ。
まあ、そのくらいしか被害がなかった、と喜ぶべきかも知れませんがね。
昨日見たら、トマトは雨に濡れて、たくさん割れていました。

黄変して葉が落ちる鉢植えのモリンガ、さっき見てみたら、なんと鉢の下から根が出ているみたい。動かないんです。あ〜ぁ。
寒くなったら、玄関に入れるつもりだったので、根を掘らなくちゃ。
ずっと前に、ベンジャミンの太い根を切ったら、枯れてしまったので、切るのはダメみたい。
自分で掘るのは、まだ出来ないなあ。う〜ん。

本日の収穫
トマトいろいろ
花オクラ×1、
ゴーヤー 白×1、グリーン×1、
バーバラ・バターナッツ
シカクマメ×14、
ブルーベリー×12

シカクマメが沢山出来ちゃって、なんでー?って感じ。まだまだ穫れます。
けど、今日は涼しくて、明日も明後日も雨が降るという。このまま寒くなるのかも?!
てことは、バングラディッシュのニガウリ、カックロールは花も咲かないのでしょうか。折角育ってるのになあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-09-01

全農エプロン誌、今月は「ミズナ」です

わくわく菜園づくり 、今回は「ミズナ」です。

また植えようと思って、ミズナの苗を2つ買ってきています。
他にもいろいろ買ったので、夏野菜をとらなくちゃいけないんだけど、せっかく咲いているのにそれも出来ず。植えるところがない…。
ネット注文もしてあり、9月8日頃到着予定。
草刈りする時は、限りなく広く感じる菜園も、植える時はひどく狭いんだなあ。毎度こればかり。

ミズナは、採っても採っても大きな株になるので、1〜2株あると冬〜早春に重宝します。
ジュースにしてもいいんですよ。


知っておきたいキホンの基は「乾しいたけの戻し方」

戻し汁を飲むと血圧が下がり、降圧剤がいらなくなる、と聞いたんだけど、そんなに変わらない。
でも続けているので、戻したシイタケがたまる一方。含め煮にして、しょっちゅう食べてます。
ま、嫌いじゃないからいいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »