« ヘチマの雄花 | トップページ | ウチのトマトで、トマト・パスタ »

2009-09-24

フウリン・ブッソウゲの蕾

Hurinb3玄関脇の鉢、ハイビスカスの原種という「フウリン・ブッソウゲ」、蕾をつけ始めました!
遅すぎではないですかね。去年は5月だったもの。
一応6~11月が開花期にはなっているけれど。

Hurinb1でかくなったので、今年の冬は玄関に入れなかったんですよ。外に出しっぱなし。寒さ対策もしてやらず。
スパルタ冬越えですね。
別名:面倒くさいから置きっぱなし、ともいう。

そしたら、枯れ木状になって、春が来て芽がつかない、葉も出ない。
触ってもぽきぽき折れちゃうし、水分がなさそうな感じ。
「もう枯れちゃったんだろうなあ」なんて話していました。

Hurinb2
すると。5/14、なんとなんと芽が出て来たんです。それも変な処から、続々と。
どうも中央の幹付近からだけで、古い枝からは出ないようなのです。

Hurinb4そのうち、どんどん葉が出るではないですか!
7/24には右の写真ほど葉が出揃いました。

ハマキムシにやられた葉は、徹底的に取りました。薬はかけません。取って足でつぶします(野蛮!)。
そうして、伸びた枝もしなだれかかり、ついに蕾出現、というわけです。ぱちぱち。

これで無事咲くなら、今年もスパルタ冬越えだな。ちょっと花の時期が遅いのが難点ですけど。

|

« ヘチマの雄花 | トップページ | ウチのトマトで、トマト・パスタ »

フラワー・ガーデン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フウリン・ブッソウゲの蕾:

« ヘチマの雄花 | トップページ | ウチのトマトで、トマト・パスタ »