« フウリン・ブッソウゲの蕾 | トップページ | アメジストセージが咲いています »

2009-09-26

ウチのトマトで、トマト・パスタ

Tomapasta1相変わらず、一日ザル一杯は穫れるトマト&ミニトマト。
秋風が吹き出してから、生食するには「シシリアン・ルージュ」と「ルージュ・ボルドー」は皮が硬くなってきて、トマト・ソースにしていますが、なんだか水っぽい。
で、丁度イタリア帰りの友人が来たので、教えてもらいました。

この友人、スローフードの勉強のため、会社も辞めて、1年もイタリアで勉強していたんです。
「イタリア仕込みじゃないよ〜、作り方を教わってないもん」
だそうですが、私の敗因は、トマトの煮込み時間が、明らかに足りなかったことでした。

ビタクラフト鍋の底が焦げてしまうので、時々かき混ぜて煮詰めること一時間強。二時間近いのかな。
1/3くらいまで煮詰めると、水分が飛んで、ペースト状になりました。
これまで、時間がかかることと、もったいないという理由で、そんなに煮詰めませんでした。それがいけなかったんですね〜

Tomapasta2写真は、三崎の「まるいち」という魚屋さんの、ヒラメとカツオ、ケッポ貝のお刺身。
イタリア風に、塩・胡椒、オリーブオイルだけで食べる方が、醤油&ワサビより美味しく感じました。

昨夜食べたマグロ尾の身は特別にやわらかくて、味わい深く、なんでもすご〜く良い品だったそうです。う〜ん、ただの尾の身でも、いろいろあるんですね。ちょっと見方を教えてもらいました。

手前はナス。長ナスもリスタータ・デ・ガンディアも沢山穫れました。

|

« フウリン・ブッソウゲの蕾 | トップページ | アメジストセージが咲いています »

レシピ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウチのトマトで、トマト・パスタ:

« フウリン・ブッソウゲの蕾 | トップページ | アメジストセージが咲いています »