« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009-10-31

茎ブロッコリー

Kukiburoccoおぉっ、中央に見えてきたではありませんかっ!
わ〜い、わ〜い!
早いですねえ。
楽しみですねえ。
ふふふ。

これは、中央にデカ玉ができるブロッコリーでなく、茎ブロッコリーなので、長く楽しめます。

ナスを刈り取って、ソラマメのたねまき。
トマト、ピーマン&シシトウも刈り取りました。そこへは、サヤエンドウ&スナップエンドウのたねをまく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-27

食用菊、開花

Kiku1_2日陰だからかなあ、完全に開くことはないのですよ。
半分だけ開くとか、しっかり咲かないでもどかしいというか。
はっきりせい!とカツをいれたくなる感じ。
春〜夏はよく日が当たるのですが、晩秋〜冬、太陽の位置が低くなると、自分ちの陰になって日が当たらないところなのです。そのせいかなあ。
それとも、単に早いだけ?

Kiku2_2時期的には、ちょうどいいというか、少し遅めなのですが。。

でも、たくさんあります。
次々咲いてくれるので、毎日食せます。これは、いいかも。
最近は、生でサラダにのせています。彩り的に美しいのです。
グリーンのラディッキオやキャベツの千切りに映えます。ナッツ(今はアーモンド&カシューナッツ、時々カボチャのたね)も忘れずにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-19

食用ギクのピンク

Shokuyokiku19収穫時写真では、もう少し薄い色だったような。
「完全に開ききってから」が待てなくて、開き始めを8個穫りました。
菊の花の、しょーんと冷たい、独特の香り。
「さっとゆでておひたし」でなく、萼をとって花びらだけ生で、ラディッキオの葉にのせ、ドレッシング(アマニ油、レモン果汁)をかけただけですが、美味でした。
菊の香りには、どうしても葬式&墓のイメージがつきまといますが。

Putitevert順調にすくすく育つプチベール。
青虫が葉を食べていた時期もありました。今でもモンシロチョウが飛んできます。

プチベールを育てるのは初めてですが、去年も一昨年も芽キャベツが沢山とれたので、土とは相性がいいのではないかと思って。
横に芽キャベツ、茎ブロッコリーも植えてありますが、これだけ高かった。高いといっても100〜200円くらいですけどね。何故だろう、特許代?ハイブリッドだから?
実がつくのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-17

ツワブキの花が咲いたよ

Tuwabuki2白い白い白〜い…それはカラタチの花ですね。はい。

この辺自生のは美味しいとか。といわれても試したことはありませんが。

下のように、蕾の方がコロンとしていてカワイかったかも。

Tuwabuki1
食用菊も、全体的に濃いピンク色の花びらが見え始めました。
花が開くのも、もう少しです。

うちのトマト、すっかり葉がなくなり、もう10月も半ばだもの。サヤエンドウ、スナックエンドウ、空豆のたねまきシーズンになってきました。時の経つのは早いですねえ。

コールラビたちが浮いていたので、土寄せしてやりました。
カリフラワーやケール、白菜、みんな順調です。
菜園も冬支度ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-15

チンゲンサイ

Tingensai_2チンゲンサイが2株あり、あと2つくらい欲しい、と買いに行くと、カインズにはもう野菜苗がなくなっている!

えーっ、もう野菜苗ってオシマイの時期なの?
焦ってD2へ行くと、10連パックのしかありませんでした。多すぎ!!
前回の春菊に続き、また10連パック。2にするか12にするか。

悩みましたが、結局、密植気味にして、葉だけ食べずに株ごと穫ればいいか、と買いました。
¥399だから安いは安いんだけど、植える場所をとるからね。

ニンニクの植え付け(左:人からの預かりもの。6片。右:青森産。小さい)、インディバ ミックスとバリガタ ディ チオギアのたねまき。

先日植えたカリフラワー:オレンジブーケ、バイオレットクイン、コールラビ:グランドデューク、ケール、セロリ、チンゲンサイと、ミズナ、スープセロリに「キリダル」肥料撒き。
ナスにも最後のあがきかもしれないけれど、撒きました。
相変わらず、強烈なニオイ。隣の家がないからよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-12

バーバラ・バターナッツ最終収穫

Butternut12遂に、伸び広がり、絡まる茎を取りました。
そしたら、もうあるわあるわで、計19個。以前のもあるし、菜園から直接穫ったのもあるので、計25はくだらないでしょう。
たったの2株でですよ。しかも驚くべきサイズに育つのです。

一緒に映っている飛騨カボチャなんて1個しかない。小さいのは別にすると、前のと今回ので計2個。
2株だから、1株1個。少ない。人工授粉してもだめでした。

Butternutrootこのバーバラ・バターナッツの根、さぞや太く地中に伸びている、と思いきや、下へはちょろっと僅か。
根が地面を這っていたのです!
そこから水分をとっていた!
なるほどねえ。恐るべし!
栄養分は?地面から?
不思議な野菜です。

少ない肥料で多収量、味も悪くない、これなら食糧難に向くかも。なんて考えたりしました。

跡地をアメフラ氏が草刈り機で刈ってくれたので、スッキリ。
植える場所も沢山になりました。なのに育苗ケースのものは、まだ小さくて。
残っている夏野菜はトマト、ピーマン、シシトウ、各種唐辛子、ナス。

そうだ、里芋を試しに掘ったら、まだまだ小さいのでした。葉はいっちょまえにでかかったのに。土寄せしなかったからかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-11

食用菊のつぼみ、ふくらんできました

Shokuyoukiku12つぼみがふくらんできて、花びらのピンク色が見えてきたものもあり、もう少しで咲きそうです。

これは、食用菊:桃(もってのほか)。
花の色はピンクと黄色があったので、ピンクの方にしてみました。

以前、青森の方にたくさん送っていただいて、日が経っても黒ずまず、さっとおひたしにして美味、目にいいとか。今年育ててみることにしました。

4本のうち1本はおしりで折ってしまい、残り3本。
特に剪定もしなかったのに、どんどん枝分かれして、先の台風で数本折れ、それは回復不能。
支柱をたて、麻ひもでぐるぐる巻いて、絡ませるようにして、今回の台風では無事でした。
咲いたら、またアップしますね。

昨日買った春菊の定植をしました。
10本で399円なんですよ。ちょうどたねを買ってなかったし、これならたねから育てるより安いかもと、つい買っちゃいました。前にも購入したので2回目です。他に小松菜や水菜を売っていました。
この春、ベビーリーフを育て、その後、耕運機をかけたのに生き延びたものが1株あるので、計11株。
春菊は強いから育つでしょう。
冬の野菜として、鍋物にも欠かせませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-08

台風の被害は?

Cabeggeいや〜、すごい風雨でしたね。家が壊れないでよかった。ホント心配してました。

支柱が3カ所倒れました。
①ゴーヤー、カックロール、三尺ササゲ
②シカクマメ、ヘチマ、青はぐらウリ
③ツルムラサキ、オカワカメ
でも丁度よかったんです。周りの農家さんたちはとっくに外してたのに、まだ穫れるからともったいなくて残しておいただけだから。
さっき、とりましたよ。アメフラ氏が(笑)。

いろいろトマトも、だいぶ実が落ちたけど、まだ元気なものもあって、グリーンの実も沢山。
今年もグリーンの実でチャツネーを作ろうかと、今日はそのままにしました。

ゴーヤー、オクラ、モリンガ、やわらかい葉がみんな風でやられ、ちりちりになりました。回復不能、というか、もう葉がないです。
カボチャの葉も調子悪い。もうオシマイかなあ。中に生えてたインディバミックスとバリガタ ディ チオギアがよく見えるようになって、育っていました。

写真はキャベツ:フィルダークラウト(先が尖った変わりキャベツ)。苗床ケースは台風の影響は皆無でした。外に置いてあるのにねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-10-05

直次郎柚子

Naojiroこれが、その「直次郎柚子」の写真です。
携帯電話の写真モードで撮ったため、少し傾いていますがご勘弁。

バイマックルー(コブミカン)の葉のように、二枚重なって一枚という面白い葉なんです。
そのことを記したのは8/27
今度はちゃんと写真におさめたつもりでしたが、葉の形がわかりづらいですね。反省。
よく見ると、単に下の小さい葉が、やや大きめの、いわゆる普通の柑橘系の葉にも見えてきました。てことは変わってない?う〜ん。

食べ終わったたねをまいて、発芽させたそうです。
しかし、ここから実がつくのは遠いなあ。
私も、小学生の頃、食べた蜜柑のたねを数本、せっせと植えて育てていましたが、全然大きくならなかったもん。あれ、そんな頃から、果樹を育てていたんだ。年期入ってますねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-10-04

いろいろたねまき

Hakusai104
きのうカインズホームで見た種苗ケース、今までのよりずっと大きいんです。
アメフラ氏、
「こんなに出来たら、植えるとこないよ」
おっ、ここで減らされると、また足りなくなるかも知れないじゃん。
「大丈夫よ〜。半分も育たないんだから」
「もし、仮に半分以下だとしても、これだけ育ったとして(指で示す)、どこに植えるの?」
「だって、たね沢山あるし〜」
答えになってませんよね。それじゃ。

天気予報によると、今日だけ晴れるようなので、急いでたねまきしました。
オークリーフ、クアトロセゾンレタス、ルージュディヴァ ロメインレタス、タアサイ、バジル、ホーリーバジル、ラディッキオ・カステルフランコ・デ・ルシア、ラディッキオ・カステルフランコ・バルダルノ、チコリア・・グルモロ・ベルデ・スクロ、レタス・ロメイン・モルタレラ・デインヴェルノ、レタス・カナスタ

ホントだあ。たくさんだあ。
名前が長いだけ、という気もします?
いやいや、ホントに沢山まいたのですよ。

花は、ホリホック・チャーター・サーモン、ホリホック・ダブル・シャモア、ジギタリス・フォクシー・ミックス、ジギタリスラヴィエガータ、クロバナオダマキ

中でもジギタリス、小さな粉のようなたねで、一粒なんてつかめない。落としちゃったし。これ、まだ苦手。

写真は「韓国キムチ白菜」。
9/14にはこ〜んな小さかったのに、たった20日で育ちますねえ。
麻ひもが見えるのは、ここ、まだヘチマとシカクマメが育っているので、支柱&麻ひもが外せないの。

本日の収穫は、2日ぶりなので、沢山穫れました。いろいろトマト、ナス、ピーマン、シシトウ、鷹の爪、ハバネロ、ジョロキア、ゴーヤー、シカクマメ、オクラ、ヘチマ。
ゴーヤーは終わりかけみたい。美味しそうに見えなくなってきました。
夏野菜もそろそろ終わりかなあ。って世間的にはとっくに終わっているのでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-01

全農エプロン誌10月号はスナップエンドウ

Kaqrolkesikiわくわく菜園づくり、10月は「スナップエンドウ」です。
毎年スナップエンドウは白花、サヤエンドウは赤花と決めています。
なんでって両方白花より、2色の方が楽しいから。と思ってきましたが、最近は花の色でどっちだかわかるという…。

10〜11月にたねまきすると、寒い時期を乗り越えて、3月末から穫れだします。
まずサヤエンドウ、さやが膨らんでから食すスナップエンドウはその次、空豆も穫れだして、お豆3姉妹。マメマメしてますね〜。
春の味覚、最強トリオです。

知っておきたいキホンの基は、「うるち米ともち米の違い」です。
ふ〜ん、なるほど、こう違うのね〜、ということがわかりますよ。

ご覧下さると嬉しいです〜〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »