« すくすくケ−ルとカリフラワー | トップページ | チコリの葉っぱ »

2009-11-08

ウィリアム・モリスが咲いています

Wrose1秋の咲き始めは白い小さな花でしたが、やっとこピンク色に、それっぽい形になりました。
この花の中心の、くるくる巻いた形、何度見てもうっとりしちゃいますね。
なんといっても、マゼンタ色の枝が美しい品種ですね。

この前に植えてあるブルーベリーの剪定をしなくては。
この剪定がまた難しくて、去年しすぎた木には実がつかなったのです。放任気味の方がたくさんつけました。
今年は、伸びている上の枝だけ刈ろうと思っています。

育苗ケースの小さな苗を地植えにしました。
10/4まきのレタス(オークリーフ、クアトロセゾンレタス、ルージュディヴァ ロメインレタス、レタス・ロメイン・モルタレラ・デインヴェルノ、レタス・カナスタのどれか)と、ラディッキオ(ラディッキオ・カステルフランコ・デ・ルシア、ラディッキオ・カステルフランコ・バルダルノ、チコリア・グルモロ・ベルデ・スクロのどれか)、タアサイを。
どれかというのは、どれがどれだかわからなくなったからで。
たね袋はまだ残っていたのでつけられず、名札をつけるものもないし、なにしろ急いでまいたもので。って言い訳ですけど。

Wrose2
サヤエンドウのたねまきと、バジル地植えはまだ。
予定地の草刈りをアメフラ氏がしてくれました。
草刈りは、さすがに頭を振りすぎるので、まだ向きません。
草刈りする時に頭を振るなんて考えたこともなかった。健康って大切ですね。しみじみ。

|

« すくすくケ−ルとカリフラワー | トップページ | チコリの葉っぱ »

フラワー・ガーデン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアム・モリスが咲いています:

« すくすくケ−ルとカリフラワー | トップページ | チコリの葉っぱ »