« カリフラワーは16本 | トップページ | 生ゴミ堆肥まき »

2009-12-02

全農エプロン誌、今月はキッチンハーブ

Wanko120212月号のわくわく菜園づくりは 「キッチンハーブ」。

いつもの野菜の育て方とはちょっと違い、ハーブの特性を記しています。この短い中に、エッセンスを凝縮させるのだから大変!
でも、みんなよく知っているハーブだし、この中のものはセージ以外はあります。
…セージは前から育たないの。懲りずに苗を買って来ても、そのうちに枯れてしまう。6月頃から暑いのが原因だと思うんだけど。あの葉色も香りも、すごく好きなのになあ。

表紙写真は、うちのデンタータ。
けど、もうないの。隣のアイアンプランツに呑み込まれてしまい〜

知っておきたいキホンの基 「野菜の飾り切り
カブ、美味しいですよね。私、好きです。

|

« カリフラワーは16本 | トップページ | 生ゴミ堆肥まき »

わくわく菜園づくり」カテゴリの記事

コメント

セージって育てるの、難しいんですか。
実は、来年、コモンセージとホワイトセージの購入を考えています。
蒸れに弱いんですかねえ。

投稿: かのよん | 2009-12-06 07:42

あ、かのよんさん、お久しぶり!

セージも、アメジストセージは長年、毎年よく咲き、今も咲いています。シルバーセージやチェリーセージ、パイナップルセージも、よく育ち、咲いていました。

つまり、食用になるセージが枯れちゃうんです。コモンセージやパープルセージなど。
なんででしょうねえ。

投稿: 海うさぎ | 2009-12-06 15:48

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全農エプロン誌、今月はキッチンハーブ:

« カリフラワーは16本 | トップページ | 生ゴミ堆肥まき »