« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010-04-29

キャベツ長者の話

Chawakabaコドモの頃、「わらしべ長者」のお話が大好きで、人形芝居まで見に行ったほどです。
これは高価なものに変化した話じゃなく、いやむしろマイナスなのかも。あたしってバカ。。

4月17日のことです。発端は、イヌの食べるキャベツがなくなった時から。
このイヌ、私たちは菜園に生えるラディッキオ(チコリ)やエンダイブなんかを細々食べているというのに、それは苦くて、口に含んでもぺっと出しちゃうんです。苦みは毒だと思うのでしょうか。
つまり、私らはタダなのに、買ってこなくちゃならないヴェジタブル犬、しかも今時はえらくゼイタクなイヌですね。

近くにある無農薬野菜の「フラワーガーデン イイジマ農園」にアメフラ氏がキャベツを買いに行きました。
この気温で東京では¥400前後という話、此処まで押し寄せて来ていて、いつもは¥100前後なのに¥200、それを2個。1個でいいと言ったのにぃ!

それを買って来た時、ちょうど私もイヌの散歩中に、農家さんに2個いただいちゃったのです!!
えーっ、4個もどうしよう?!と焦っていたところに、他の農家さんが来て、またまたキャベツ1個くれ。。きゃーーっ、計5個。そんなに食べられないーっ!
そうだ、明日、うちのスナップエンド&サヤエンドを送るつもりだったとこへ、キャベツ2個も足しちゃおうっ!

朝になると、門に大根2本が置いてあり。
うちの野菜を穫って来て、大根も送る箱に詰めちゃいました。
これで、よしっ。ほっとしたも束の間、またまた門にキャベツ2個が!
減らしたはずが、また増えて。。あぁ。

で、送料¥1060。
高くて買えないキャベツ、いくら2個入れたといっても高くない?
そりゃあ、大根に、うちのスナップエンド&サヤエンド、ラディッキオ(チコリ)やエンダイブ、ラヴェンダーも入れたけど。。
Yasaibakoあの時に買わなければよかった?
ううん、そんなことはありません。あれは呼び水。
あとからもらった2個も知人や母にあげて、すごく喜ばれたのだから、ま、いっかあ。

まだ、うちの冷蔵庫にキャベツ1個、大根半分が眠っています。

上の写真は、うちの宇治茶の木。”夏もち〜かづく八十八夜〜”と歌いながら、新芽が採れるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-26

ラヴェンダーキューレッド、いきなり開花!

Lavender25気持ちよく晴れました!
半袖でもいられるくらいです。

昨日は風が冷たく、夕方には寒いほど。冬服気味で出掛けても大丈夫でした。
明日明後日は雨とか。
こう毎日天気がくるくる変わったら、身体がついてかないし、服は仕舞えず。

写真は、昨日からいきなり花盛りになったラヴェンダーキューレッド。
花びらが、うさぎの耳のように、ひらひらしてかわいいです。
ラヴェンダーだから、いい香り。

玄関に置いてたら、結局寒くて、花が開かないうちに枯れてしまったミニ薔薇を、地植えにしてもらいました。これで元気。
前の2株も育っています。

本日の収穫
スナップエンドウ 100さやくらい
サヤエンドウ    50さやくらい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-24

ウリ科の苗、大丈夫でした

25kyuri4/18に植え付けした苗、その後また冷え込んじゃって、苗が枯れてしまうのではないかと、やきもきして、半ば諦めていました。

トマトやナスはなんとかなるかなと思っていましたが、特に心配だったのはキュウリ、ズッキーニ、それからスイカ、でも大丈夫でした。
植え付けたままで、ほとんど育っていませんでしたが、枯れる素振りもなく。胸をなでおろしましたよ。

それにしても、育ちも悪いです。全体に。
このキュウリの苗も小さいでしょ?
4月の終わりとは思えない。
たねまきは、怖くて出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-23

サヤエンドの花

Saya211サヤエンドの花です。
花びらの色も、濃いピンク、うすピンク、白に近いピンクといろいろです。

葉脈だから花脈?それも、同じ赤紫色で、それはそれは美しいですね。

そうやってみると、この花も中々可愛く見えてきます。

スイートピーに似た、ちょうちょみたいな形の花、可愛いですね。
サヤエンドの花は赤紫色、スナップエンドはホワイトと決めて、育てています。
今秋は、ツタンカーメンの赤紫色のさやのエンドのたねもまくつもりで、入手してあります。どんな花が咲くのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-21

スナップエンドの花

Sunap213この寒さですが、スナップエンドはスクスク育っています。

花びらにグリーンが脈打ち、な〜んて、きれいなんでしょう!!
白い花は清楚。
このグリーンが、またなんとも言えず美しい。
この色合わせ、涼しげでとてもいいです。

Sunap212_2さやは、今春、中々育ちませんでしたが、やっと、です。

サヤエンドのさやは、小さいまま、中のたねが膨らんで来てしまい、仕方なく、小さめのままとることにしました。
でも、味は同じです。
気温が低いと、大きく育たないんですね。知らなかった。

Sunap211ひとつずつスジを取るのは面倒だけど、取り立てだし、自分で育てたということもあって、甘くて美味しい。いくらでも食べれちゃいます。

本日の収穫
スナップエンド 51さや
サヤエンド   50さや

ケール     
全然苦くないですよ。蒸すと美味しいです。トウが立ってきています。
春菊      
もう蕾が育って来ています。それを食べようってんだから、最後のあがき?
グリーンのラディッキオ    
でかいやつ。ナメクジがいっぱいいて、やんなっちゃう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-19

野菜のプレゼント

Raddekioこの寒さで、都会では野菜が高騰というので、上京するついでに、80歳の知人にうちの野菜を持っていきました。
この一番左のグリーン、手前の赤いラディッキオ、それからエンダイブ、スナックエンドウ50さやくらいとサヤエンドウ20さやくらい。
「チコリ(イタリアではラディッキオ)、売ってないのよね〜」
とても喜ばれました。よかった。
「私、苦いもの大好き!」

自分たちが食べているのは、もっとずっと小さい、半端もの。
大きいのはもったいなくて食べられないし、間引くのに忙しいんだもん。え、ただの貧乏性?

夜になって、冷え込んで、昨日植え付けた苗が枯れるんじゃないかと心配。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-04-18

苗の植え付け

Casterfuranko_2今日は晴れ。
昨日苗が届いたし、あさってからまた天気が悪いというので、今日中に全部植え付けました。

いつもG.W.に植え付けていたから、早すぎという気も。
苗が届くのも、去年にくらべて一週間くらい早い。

トマトとナスの苗は、なんとかなるかと思うけれど、ウリ科のキュウリ、ズッキーニ、小玉スイカが寒さにやられないか心配。

隣では、プロの農家さんたちが、大玉スイカを、ビニールトンネルの中に植え付けていて、暖かいとこでスクスク育つのねえ。差が出るはずだ。文字通り、温室育ちってやつね。
そこの人が見て、「キュウリかあ。地植えにしたら枯れちゃうよ」だそうです。
いつもなら大丈夫なんだけど、今年は凍えそう。
不織布があるから、それでもかけるかなあ。手間だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-17

予約苗が到着!

Yasainae17昨日・一昨日と冬の寒さの続く中、今日は雨があがり遠くに青空が見えるものの、曇っている風が冷たいです。ぶるる。いったい、どうしちゃったんでしょうねえ。
そんな日に、園芸ネットで3月に予約していた苗が届きました。

キュウリ(四川)4株、
ズッキーニ:ダイナーとゴールドトスカ2種4株、
小玉すいか2種4株、
ナス(とげなし千両2号・加茂茄子・水茄子)6株、
いろいろナス4種4株、
マウロの地中海トマト・生食用3種6株、
イタリアントマト:ロッソナポリタンとシシリアンルージュ3株、
イタリア・ファーメン社のサンマルツァーノ料理用トマト3種、
それから、色が濃いブルーから黒のミラノ大根、花オクラなどのたね4袋。

やはり去年に較べて小さいです。段ボールにスカスカって感じ。
ズッキーニの葉なんか、すごくちっちゃい。

植えたら植えたで、この陽気が心配。
G.W前に1度寒くなるというし。けど、このまま苗を置いとくわけにもいきません。
保温する資材といっても、草しかないし。

そんな中、スナップエンドウ初収穫!
場所のせいか、今年はサヤエンドウよりスナップエンドウの方が早く育ちます。
Snap17
本日の収穫
スナップエンドウ 
23さや
サヤエンドウ   
4さや
ラディッキオ、エンダイブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-16

全農エプロン誌、3月は食用菊

Raddeki1私としたことが、全農エプロン誌3月号のお知らせするのを忘れてしまいました。

「わくわく菜園づくり」、3月号は「食用ギク」です。

これがもう、見ているだけでも美しいのに、花びらが食べられるんですよ!感激です!

菊の花は、形体があまり好きな方ではありませんでしたが、これは別。だって食べられるんですよ!

毎日、花を摘み、かごに入れていきます。
そして、花をばらす。何十個とばらす。
ひどく悪いことをしているようですが、そんなことはない。正しい行為なんです。
エディブルフラワーなんですねえ。

菊独特の湿ったような、ツンとくる香りがします。
特に味はないけれど、サラダのトッピングにすると、彩りがきれい。
黄色より、ピンクがオススメ。あくまで、私の見解ですが。
絶対おすすめです!
けど、秋に日当りが悪い処だと、完全には開きませんよ〜(私です)。

知っておきたいキホンの基は「コンフィチュールの作り方」です。
コンフィチュールはフランス語で、ジャム(英語)のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-15

小さな、みずみずしいオークリーフ

Roket_2去年の秋に、植えたもの?
見る度に増えて、今は3株育っています。
それは、すこぶる嬉しい出来事だけれど、ここ、次に夏野菜苗を植え付ける予定なんですよね〜
ここを避けて、とか出来るかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-14

プチヴェールも開花

Petetivertjpg芽キャベツ(右)に較べて、でかいですねえ。
草姿もスックと凛々しく、こんもりふっくら美しい。
バルーンドレスをまとった貴婦人みたいでしょ?

芽キャベツは、2つあるうちの1つがヒヨドリにかじられていました。せっかく写真を撮ろうと思ってたのにぃ。プンプン。

脇からもトウ立ちして、咲いています。(左下)
これは芽キャベツも同じです。ただ、高さがプチヴェールと芽キャベツは、随分違うでしょう?

Petetiv2全体を見ると、先の方がわからないでしょうから、アップでも穫りました。

上部はこんな感じです。
これから、ガンガン咲きそう。
こうやって、野菜の花を咲かせて、野放しにしておくと、周りから嫌がられるだろうなあ。
で、たね取りをするわけでもない。。。

青梗菜、小松菜、水菜に較べて、花色は薄め。
スナップエンドウの白、サヤエンドウのパープル、ソラマメの薄紫、色々あって、にぎやかな菜園です。

ですが、今年は寒いから、サヤエンドウ・スナップエンドウのさやが大きくなりません。
去年は、サヤエンドウ4/7初収穫。スナップエンドウは4/15なのに。
けど、気温が足りないから大きくなりません。うちの特色の、春のおマメたちなのになあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-13

色が変わるラッパ水仙

Rappasuisen一昨年いただいたラッパ水仙の球根、確かに「品のある、白い花(黄色もあった)」と聞いたのですが、咲くものはどれも皆、黄色。
白いのは枯れちゃったのかなあ。
そしたら、内側のラッパ部分、初め黄色なのに、だんだん白く変わるではありませんか!
ふ〜ん、そんなこともあるんだ。まあ、紫陽花も色が変わるしなあ。

その前年、八重の球根をいただいて、植えたのですが、音沙汰なし。
今年も出なかったので、やっぱり枯れちゃったみたい。水仙は強いのにねえ。

Bronzefenブロンズフェンネルを植え替えました。
根っこが丸く食べられるようにならないのは、品種が違うからしょうがない。
沢山咲いて、えらく旺盛な生長ぶり。ならタネを穫ればいいやと思ってたら、シードは小さくて食用に向きません。

仕方なく、根っこが丸くなるたねを買いました。
なので、これは他の場所に移植。
といっても、ただ堀上げて、新しいところに置いただけ。
でも、全然平気。新しい芽も出て来て、何処にいっても大丈夫。元気。

ブロンズフェンネルって、繊細でか弱いイメージだったのですが違ったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-12

アスパラが顔を出した!

Aspara何度見ても、アスパラが顔をのぞかせたところは、抱きしめたくなるほどかわいいです。(抱きしめるより踏まないように、ですがね)
今年は、アメフラ氏が草刈りしちゃったから、出て来ないかなあ、と思ってたら大丈夫でした。

今は2株しかありません。
根っこ(地下茎)が山程あったんだけど、植え付けようと思っているうちに、倒れちゃったの。

トロ箱にあふれ、人にも差し上げて、ひひひ、これ全部植えたらアスパラ長者だわい、なんてほくそ笑んでいたのに、枯れちゃいました。
次に植えようと仮植えしていたところからも出て来たりしてましたが、今年はどうかなあ。

全体が紫色のもかわいいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-11

芽キャベツのつぼみ

Mekyabe1芽キャベツの中心から出たつぼみが、ふくらんできています。

芽キャベツはそのままって感じですが、奥のプチヴェールは、アーティストティック。
プチヴェールは、咲いたらまたアップしますね。

丸い、いわゆる「芽キャベツ」も、中から花が咲くのです。
小さいながらも、中からつぼみが出て来ているものもあります。
たくさん咲いたら、花火みたいにきれい?…だと思うんだけど。
Mekyabe2_5根元の方からも、また出て来ています。
この茎状のものに、あの「芽キャベツ」がなるんですよ。
実は、下から順に上に大きく育っていきます。

それなのに、なぜ根元に???
う〜ん、わからにゃい。

食べてもいいんだけど、ケールも沢山あることだし、出来たキャベツを3個もいただいたし、食べるものには事欠かない。これは咲かせてみようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010-04-09

おマメを誘引

Blueber8ブルーベリーの花が沢山ついていて、わあい!
やっぱり去年は剪定し過ぎだったのね。
でも…花が全部実になるわけじゃない?少し落とさないとダメ?
う〜ん、でもトマトなんかは落とさないんだけど。わかんにゃい。

ずっと気になっていたサヤ&スナップエンドウの支柱に、麻ひもを渡し、誘引しました。
「手」が雑草に絡み付いちゃって取るのが大変。
麻ひもに誘引する時も、ポキポキ折れちゃって。
でもいいの、1カ所3点まきのまま育てているから、一瞬の間引き。
またすぐ生えてくるから大丈夫。
サヤは、まだ小さいです。今年は場所のせいか、スナップエンドウの方が先に開花し、実を付けるのも早いです。でもスナップエンドウは、サヤが育ってからも時間がかかるからね。

プロの農家さんに「まだ苗を植え付けたら、枯れる可能性があるよ。
え、たね?もっとダメなんじゃないの〜。わかんないや。ビニールハウスの中にしかまいたことないからさ」とのこと。
今年はいつまでも寒いですねえ。
でも、まださぼれるってことね。

ケール、4株のうちの1株、トウ立ちしてきました。
少し蒸すと、これがまた美味しく頂けるんです。とはいえ、昼も夜も毎日ってのもねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-08

黄色い縁取りの赤いチューリップ

Chulip8久しぶりに晴れて、やっと洗濯出来ました。
天気が悪かったから、5日も溜めちゃったの。
けど、日が射しているだけで、気温は寒いまま。
今年はいつまでも寒くて、たね蒔きが遅れても大丈夫?

たねといえば、今日、また新しいたねが届きました。ふふふ。
今迄は”園芸ネット”と”ブリティッシュシード(エアルーム・トマト・ファーム)”から購入していましたが、新しく”ナチュラル・ハーベスト”に頼んでみました。
Kukiburoccri8_2変わった野菜が沢山あるんですよ。
ここに限らず他のサイトにもあって、以前英語のカタログで辞書に首っ引きだったことが夢のような世界です。
たねって夢や不思議が山ほど詰まっているようで大好き。

洗濯物を干し終わって、菜園に行ってみると、おぉ、チューリップがひとつ咲いている!
春ですねえ。美しいですねえ。

遂に茎ブロッコリーも咲いてしまいました。(写真右下)
芽キャベツもプチヴェールも、つぼみが開きかけています。

咲きそで咲かないのは少し寒いからですかねえ。
青梗菜や小松菜は早いのにね。
場所も条件もほぼ同じだと思うから、同じアブラナ科でも開花時期が異なるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-03

いわゆるムスカリ

Musukari43空も海も穏やかに晴れ渡り、ぽかぽか陽気の一日でした。

明日支柱のヒモ張りりやサヤ&スナップエンドウの誘引、それから草刈りをしようと思っています。

サヤエンドウにあかちゃんサヤがついていました。
早く穫れるようにならないかなあ。

写真はムスカリ。
3/26のムスカリとは別の処で、色もこっちの方がずっと濃いです。
もっとたくさんあったのに、草にまけちゃったようで、少しだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-04-01

全農エプロン誌、今月はキュウリ

Minibara_2全農エプロン誌4月号
わくわく菜園づくりは「キュウリ」です。

今年は「ふるさときゅうり四川」の苗と、味一角(あじいっかく)のたね、他に変わった外国産のキュウリのたね2種もあります。
キュウリは、日本の(中国でも)、普通のタイプがいいと思ってます。生で食べやすいしね。

知っておきたいキホンの基は「ごまだれの作り方」です。

私は、胡麻が大好きで、粒はもちろん、ペーストも欠かせません。
ごまペーストは白黒両方あって、レンコンや豆腐を焼き、ごまペーストとレモン汁で食したり(砂糖は入れません)、ドレッシングにペーストをのせたり、もちろん「開けぇ、ごま!」のお話も好きですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »