« ラヴェンダーキューレッド、いきなり開花! | トップページ | 全農エプロン誌、5月号は「ナス」 »

2010-04-29

キャベツ長者の話

Chawakabaコドモの頃、「わらしべ長者」のお話が大好きで、人形芝居まで見に行ったほどです。
これは高価なものに変化した話じゃなく、いやむしろマイナスなのかも。あたしってバカ。。

4月17日のことです。発端は、イヌの食べるキャベツがなくなった時から。
このイヌ、私たちは菜園に生えるラディッキオ(チコリ)やエンダイブなんかを細々食べているというのに、それは苦くて、口に含んでもぺっと出しちゃうんです。苦みは毒だと思うのでしょうか。
つまり、私らはタダなのに、買ってこなくちゃならないヴェジタブル犬、しかも今時はえらくゼイタクなイヌですね。

近くにある無農薬野菜の「フラワーガーデン イイジマ農園」にアメフラ氏がキャベツを買いに行きました。
この気温で東京では¥400前後という話、此処まで押し寄せて来ていて、いつもは¥100前後なのに¥200、それを2個。1個でいいと言ったのにぃ!

それを買って来た時、ちょうど私もイヌの散歩中に、農家さんに2個いただいちゃったのです!!
えーっ、4個もどうしよう?!と焦っていたところに、他の農家さんが来て、またまたキャベツ1個くれ。。きゃーーっ、計5個。そんなに食べられないーっ!
そうだ、明日、うちのスナップエンド&サヤエンドを送るつもりだったとこへ、キャベツ2個も足しちゃおうっ!

朝になると、門に大根2本が置いてあり。
うちの野菜を穫って来て、大根も送る箱に詰めちゃいました。
これで、よしっ。ほっとしたも束の間、またまた門にキャベツ2個が!
減らしたはずが、また増えて。。あぁ。

で、送料¥1060。
高くて買えないキャベツ、いくら2個入れたといっても高くない?
そりゃあ、大根に、うちのスナップエンド&サヤエンド、ラディッキオ(チコリ)やエンダイブ、ラヴェンダーも入れたけど。。
Yasaibakoあの時に買わなければよかった?
ううん、そんなことはありません。あれは呼び水。
あとからもらった2個も知人や母にあげて、すごく喜ばれたのだから、ま、いっかあ。

まだ、うちの冷蔵庫にキャベツ1個、大根半分が眠っています。

上の写真は、うちの宇治茶の木。”夏もち〜かづく八十八夜〜”と歌いながら、新芽が採れるかも?

|

« ラヴェンダーキューレッド、いきなり開花! | トップページ | 全農エプロン誌、5月号は「ナス」 »

季節の話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャベツ長者の話:

« ラヴェンダーキューレッド、いきなり開花! | トップページ | 全農エプロン誌、5月号は「ナス」 »