« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010-10-27

食用菊開花!

Shokuyoukiku27急に冷え込みましたね。
昨夜はフリースの上着やパンツを出して着込み、イヌはとっとと犬小屋に入って寝ています。
あんなに暑かったのに。

食用菊「もってのほか」が開き始めました。
つんと来る、湿った菊独特のニオイ。秋ですね〜。
早速、ラディキオ(トレビス)のサラダの上に散らしました。
30個穫ったので、散らすというよりこんもり。

明日から雨だと言うので、ソラマメ予定地の草刈りをしました。
また10/31から20℃を超えて暑くなるというので、いつまけばいいのか、わからない。
生育適温は15〜20℃というから、20℃を超えたら暑くないかなあ。
ぐずぐずしてると冷え込んじゃいそうだし。

Heavenly27ヘブンリーブルーは昨夜の寒さで
一気に哀れな姿になりました。
花びらのふちがかじかんじゃうのね。そうならないとしても、開ききれないみたい。

でも、蜜を吸いに、いろんな蛾がきていました。
ハチドリみたいなスズメガとかね。
枯れっぽいということと、蜜があることは関係ないのかなあ。

カボチャはどんどん受粉して、スクスク育っています。まだどれも緑色ですが。
いつ頃収穫出来るのやら。早く片付けたいという気もするのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-10-26

里芋の親芋は

もうじきソラマメやサヤエンドウのたねをまきたいので、遂にブッシュ化したトマトの片付け。ネットや支柱に絡まる枝を外して、大変です。
それはアメフラ氏に任せて,私は、他のたねまき用地の草刈り。

なんでってくらい草が茂って、カヤの根が張り、竹が生える。
何度刈った草を捨てにいったかわかんない。土の上は不安定で、ふらつくから苦手なのに。いや、リハビリリハビリ。
特に耕耘機をかけてふかふかにした土の上は、もう、ぐらんぐらん。
この先ずっと、ちゃんと歩けることはないのか、と。
もう飛び跳ねたり、走り回ることは出来ないのか、と。
それでも、こうして菜園の世話が出来るから良かったと思うべきなのか、と。草を刈りながら考えてしまいました。

Itijiku25里芋の収穫をしてもらいました。シャベルは片足になるので苦手。
一昨年いただいた苗で、去年一昨年と子芋の収穫。
勿体無いから、とまた戻したら、案の定あまり穫れませんでした。
葉は並みに茂っていたのですがねえ。
だから、よく捨ててあるのを見掛けるわけですね。
来年新しい種芋を買おうと、私も辞めました。

たねまき:プンタレッラ(アスパラガスチコリー)、白菜、カブ、三寸ニンジン。

写真は夕暮れでぶれてしまったイチジク。まだ実が硬く、到底食べられそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-10-23

野菜苗の植え付け

Yukinae23ずっと雨続きで、やっと10/18にアップした有機野菜苗を植えることが出来ました。
今日は晴れたり曇ったりで、結構寒く、冬仕様の菜園着。ソックスもフリース。すぐに脱いだけれどフリースの上着まで着てたくらい。前回は蚊に悩まされ、夏仕様だったのに。

左から、パープルの茎ブロッコリー、グリーンの茎ブロッコリー、サンゴ礁のようなブロッコリー、サボイキャベツ。全部6苗ずつ。

奥には、一番左:葉ネギ(ワケギの球根を買い忘れたから)の苗、あとはビーツ、カブ、三寸ニンジンのたね蒔き。

Mekyaetc23カボチャに覆われていた食用菊も、草刈りして、支柱を沢山立てて、なんとか垂直方向に麻ひもで誘引しました。
何本か切っちゃった。
カボチャのつるも切っちゃって、うひ〜、実が付いてるつるじゃありませんように。

こちらは別なウネ。
下から芽キャベツ×2、レッドキャベツ×2、チンゲンサイ×4、ミズナ×10。
わざとカーブを描いているのではなく、曲がっちゃったの。
ちゃんとまっすぐになるように、ヒモを渡してるのに。。なんでだろう?
あまりにひどかったので、右のミズナ×2は今日植え直しました。大丈夫よ〜ミズナは丈夫だもん。

ちらと左に見えるのはモロヘイヤ。その根元にシュンギク×10を植えています。シュンギクも強いからへっちゃら。

Nira23あちこちでニラが咲いちゃって。。
こぼれ種からすくすく育っちゃって。だいぶ離れているのに。
踏むとくさい(笑)。

ニラの群生地もあるのですが、草に埋もれて花盛り。そこも草刈りしたいけれど、晴天が続かないようで、何時出来るのやら。

ニラの花はきれいだけど、切り花にして部屋に飾ると、ニラくさいんですよ〜(経験者)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-10-22

今のヘブンリーブルー

Heveanlyblue14_39月に較べて、今が盛りといわんばかりに咲き続け、いつがピークなのでしょう。
もう寒くなって来て、気分は「朝顔」じゃないんだけどね〜。

この絡ませたフェンスの向こうにイヌが居るのですが、葉が茂る度、段々見づらくなって来て、もうほとんど見えなくなってしまいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カボチャが〜!!

Kabocha22_2カボチャのつるが、恐ろしいほど菜園中はびこっています。
卯の花さんに指摘され、もしやと調べてみると、あぁ〜晩生種とある〜!!
だから、急に実を付け始めたんだぁ。

この「ハーバード・ラージ・ブルー」は「アメリカの晩生種の品種で、葉やツルをいっぱいに茂らせ生育旺盛、たくさん収穫できます」(ナチュラル・ハーベスト)だそうで、収穫も7〜11月まで出来るそう。この辺じゃ12月かも!うわ〜ん。
これじゃ、いつまでも草刈りできないじゃん!

まあ、いいやぁ、苗を植えるとこ、サヤエンド&ソラマメのタネをまくとことは別だから。
腹をくくりました。草刈りしなくていい正当な理由もできたし。

でも、もう1種類「パンプキン・ナポリ」も植えてあって、写真のはこっちにも見える。
こちらは収穫は7〜10月。これは去年のと似たようなカボチャだったから、たねを購入したものです。
う〜ん、よくわからないや。

写真は下が15cmくらい。上の方が大きいです。
しかし、同じつるで、繋がって実が付くんですね。

Shokuyoukiku22カボチャのつるに絡まれて、地面に転がったままの食用菊「もってのほか」、つぼみがたくさん付いているのは知っていましたが、色づいてきました。
これが咲く頃、これを植えてある処は日当りが悪くなるんですよね〜。
忘れて、そういう処に植えてしまいましたが、今年も元気。去年よりつぼみが多いと思います。
また、連日食用菊を食べる日々が続くのね〜

目にいいと聞いたから、多忙なアメフラ氏にちょうどいいかと思って。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010-10-18

有機野菜苗

Yukiyasainae18土曜日16日に、待ちに待った苗が届きました。

イタリア野菜・カーヴォルフィオーレ
日本語ではサンゴ礁と呼ばれるもの。

Cook's GARDEN Broccoli (Stem) Kalibroc
Broccoli Early Purple Sprouting
ブロッコリやカリフラワーは1回穫ったらオシマイ。穫れ続ける茎ブロッコリの方が効率がいい、と思っていたので、今回はこちらを多めにしました。
グリーンのものと、パープルのもの。

Cabbage (Savoy) Samantha F1 キャベッジ
サボイキャベツを育てるのは初めて。楽しみです。
イヌも食べてくれると、わざわざ買わなくてすむんだけど。

今日、植え付けを終えるつもりでした。
ところが、シカクマメ、ササゲなどのおマメうね、ゴーヤー、ヘチマ、カンコクカボチャのウリうねを片してたところ、カヤらの根っこがはびこって土が堅くなり、1カ所に20分以上かかってしまったんです。
仕方ないので倉庫からミニ耕耘機を出して来て、かけ始めました。
最初に私がやってみたのですが、すぐにアメフラ氏が替わってやってくれました。この振動、まだ無理みたい。

今日は途中まで。
早目に植え付けないと苗がダメになる。でも遠くから送られてくると、車の振動で苗が傷むので、何日かしてからの方がいいとのこと。だからまだ大丈夫かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-10-17

自著のご紹介〜

去年から手掛けていた本が、やっと出版されました。
Hontasizan『くりあがりのあるたしざん かならずわかるさんすうえほん
[低学年①]』 石井孝子 文 高橋由為子 絵 (大月書店)。
装幀はアメフラ氏です。

春、花粉症で外に出られない日々も、コツコツ進めました。
時間が掛かる描き方を選択しましたが、筆で描くのって楽しい。気持ちいい。
アクリル絵の具は、失敗しても上から塗れば大丈夫だから、その点はお気楽です。

くりのすけ&あんずは栗拾いをして、山のたけるくんに送ろうと思いました。二人で合わせたら栗はいくつ?
「タイルのくに」へ行って、ガイドのナビタくん&タイルちゃんたちに足し算を教えてもらうというお話です。
「算数でつまずかないように」というコンセプトですが、私は、そのむか〜し、つまずいたクチ。電卓があっても上手く使えない、未だに苦労してますよ〜

こちらは5月から。
Honakachan『赤ちゃんは魔女』 ビアンカ・ピッツォルノ/ 作   
杉本あり/ 訳  高橋由為子/ 絵 (徳間書店)

夏、猛暑で外に行かれない日々も、コツコツと進めました。

イタリアが舞台で、大金持ちのおじさんの遺産が欲しい怠惰な青年。1年と1ヶ月以内に魔女と結婚すればという条件。
さあ大変、魔女なんか何処にいる?!
お話は同時進行で、生まれた赤ちゃんがどうやら魔女のようで、という展開。
どんでん返しありの楽しいストーリーです。


そして秋、まだまだ半袖で過ごせる日が続きますが、やっと2巻の
『くりさがりのあるひきざん』の絵を描き終わりました。ふ〜。
猛暑のため、思っていたよりずっと進みが悪くなってしまいました。
けど、この『くりさがりのあるひきざん』は南の島が舞台で、南の島のフルーツがいろいろ出て来るので、私の好きな世界。楽しみながら描けました。
BGMはバリ島のガムランやジェゴグミュージック、時々あがた森魚。

一段落したところで、苗の植え付けやら、たねまき、草刈りをしようと思います。
ほかの園にも行ってみたいな。房総半島のバラ園とか。
しばらくのんびりしたい気持ちだけど、3巻のラフを描かなくちゃね〜。次は『ながさ』ですよ〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-10-15

今度は小振りの雨水タンク

Usuitank163台目で、今度は玄関脇に設置するので、100リットルと小さめのものです。
実は前回雨水タンクを買った時に、玄関脇にもほしいなあ、と思いました。でも高いからね〜。

夏の間は、室外機の水を朝夕捨てるついでにジャブジャブまいて、みんな元気。
みんなというのは、バナナ、ハイビスカス風鈴仏桑華、コーヒー、クワズイモ、フィロンデンドロンセローム。オリーブの木もありますが、乾燥気味が好きだからあまりかけませんでした。

しかし最近はエアコンをつけないため、水はなし。
台所からヤカンに水を汲んで運んでいました。リハビリリハビリと唱えながら3〜4回を二日に一度。
いつもこぼしそうで怖かったのですが、遂に実際に沢山こぼしてしまい、買うことにしたんです。
病気になると高くつくけれど、雨水タンクがあれば便利なのだから(エコだし?)、まあいいことにしようと思っています。

これはアウトレット品。正規のものより¥3000安く¥12000(送料込)。
こすれ傷があるくらいで、使用に問題ありません。今のところ。
それから、メーカーのラベルが張ってないとのことですが、そんなことはどうでもいいです。
丸樋との口径が合わず、それだけ買ってつけました。¥154。

速く雨が降らないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-10-08

遂に咲きました!

Hibiskas8花びらを虫に喰われながらも、咲きました。
葉が沢山ついたままで、尚かつ蕾までつけたままで、土に挿し、それで咲くんですね。恐るべし、ハイビスカス。
水だけは欠かさずにやっていましたが、それだけ。肥料もなし。何もなし。
今まで、育つかなあなんて心配になりながら挿し木をしてたのに。でも、このハイビスカスが強いだけですよね。他の植物には適応できないやり方なのだと思うのですが。

毎日絵を描いていたら、目がしょぼついてきて、やけに疲れてしまったので、今日は菜園へ。

昨日購入した野菜苗を植え付けることにしました。ミズナと春菊、各10連結で¥399。
草に埋もれたバジルを救助。みんなひょろひょろだけど、なんとか生きてます。
その間に植え、土を休ませるなんてことはしません。
ものぐさだから、一遍にやりたいのです。
基本、今まで植わっていたものが終わると、そこに植えます。根がついたら肥料やり。それで、大丈夫。
『菜園作り』の連載では、そんなこと書けないけれどね。

今期はモロヘイヤの開花が遅いみたい。まだ穫れます。
今日はいろいろなナスも穫れました。
秋ナス?今夏は暑かったから、切り戻しもしなかったけれど。
そうだ、草刈りをしていたら、里芋とジャガイモも穫れました。
ニガウリは小さく、シカクマメ・トマトはさすがにオシマイ。
もうじき、おマメたちのたねまき季節ですね〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全農エプロン誌10月はソラマメ

Nae810月になっても暑いので、野菜のたねまきに迷います。

今月の『わくわく菜園づくり』は「ソラマメ」。
ソラマメのおいしさといったら!
最初はそれで菜園作りを続けていたところもあるくらい。
自分で育てたソラマメはふくよかな香り、グリーンの美しさ、少しくさいところがたまらない味わい。買ってきたものとは比較になりません!鮮度が違います。

今年も生で食べられるFeve(フェーヴ)のたねも用意。これ、毎年チャレンジして、もう何年になるかな。あまりうまく作れない。来年こそは、と決意するから、毎年育てる羽目になるんですよね。

知っておきたいキホンの基は「お米の粉いろいろ」。
米粉というと、ビーフンなどの麺が浮かびます。
ベトナムのホー、タイのパッタイは大好物。日本でも麺が流行るといいなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-10-05

今日から草刈り

Nasu5茎ブロッコリーやブロッコリー、キャベツなんかの秋野菜苗を、9月中旬にネット注文したんです。
まだ届かないし、今夏は異常に熱かったから育ちが悪いのかなあ、苗が届いたら草刈りしよう〜なんて仕事に気を取られていました。

そういやあ、その他の苗(プチヴェールや芽キャベツ、春菊やミズナ)を買わなくちゃ。
昨日からホームセンターの園芸コーナーを見たら、3軒とも売れ残りがちょこっと。しなびてたり、黄変、虫食い、中には青虫が食べているのもあり。
レタス類だけは沢山あってデカク育ち過ぎ、店の人達も困ってました。
でも、レタスはたねがあるし、トレビスもあるから、と買いませんでした。

結局入手したのは、芽キャベツ2個、チンゲンサイ2個、レッドキャベツ2個だけ。
あとはネット注文しよう〜と思ったら、軒並み品切れ。
うわ〜ん!今秋は苗なしかぁ、と途方に暮れ。
ネット注文したところへ問い合わせメールを出すと、やっぱり生育が遅れ、来週後半に出荷予定だそう。ほっ。。。深い安堵。

今日は久しぶりに草刈り&植え付け。
カボチャの蔓をかき分け、草に埋もれたナスとモロヘイヤの救出。
そういえば昨日は月曜日。土日でみんなが買っちゃったのかも、次の週末になったらまた秋野菜の苗を売り出すかも、と期待してみることに。

写真は、埋もれていたナス。こんなに大きくなっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-10-03

キャンディカラーの彼岸花

イヌの元飼い主の庭に行くと、こんな彼岸花が!
こんなの初めて見ました。
白は知っていたけれど、キャンディカラーがあるなんて!
かわいいですよねえ。植えちゃおうかなあ。

Higanbana
この写真は10/2に撮りましたが、10/3でまだ蕾なのを見ました。全然日陰じゃありませんでした。
これから咲くと、もう「彼岸」花じゃないですよね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-10-02

9月と10月の間には…

Kinmokusei_2金木犀の月がある…と聞いたのは、私が高校生の頃。
以来、この時期どこからか香って来ると、必ず口ずさんでいます。

此処に居を移してから6年弱、毎年この木を見上げます。しかし、今年は遅いような。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »