« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010-12-27

今日のホワイトプチヴェール

Putitevert27中側がほのかにピンク色とカラーリングはきれいなのですが、全然大きくなりません。やはり遅く植えつけたからでしょうね。
一緒に買ったケールも小さいまま育つことなく。日当りのいい場所なのですがね。
春に大きくなってくれるといいんだけど。
写真の、前の葉はニンジン。間引きしました。小さいです。

昨日一昨日とすごい風でした。
一昨日なんか突風で、洗濯物干しが倒れ、ビックリして急いで仕舞いましたよ。
昨日ブロッコリーロマネスコが1株、風で飛ばされてしまいました。慌てて土に戻しましたが、茎が折れてしまい、根っこがないので、つくことはないでしょう。。今日見たらまだ葉の色はつやつやしてますが、時間の問題ですね。

6株しかないブロッコリーの1株がなくなると、痛いです。
先日の芽キャベツ1株が抜かれたのも痛いですが、芽キャベツは2株うちの1株になっても小さいのがコロコロつきますが、ブロッコリーだと大1個だもの。リスクが大きいですね。
だから今年は茎ブロッコリーを多くしたのですが、どうなることやら。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-12-23

ラディキオ、冬になると色づきます

Radikio23毎日毎日、昼に夜にラディキオ&ミズナの生サラダを食しています。
このラディキオ、これまではペラの葉をとって来ましたが、最近巻いて来て、暗褐色が濃くなってきました。前はこんなに濃くなかった。
手でちぎって器に入れると、オシャレなイタリア〜ン!
このカラーリング、とても気に入っています。しかも多年草!うひひ。

しかし、2種類というのも飽きてきます。
もっと他の野菜も植えればよかったと、12/3玄関前のプランターにレタスミックスやらをたねまきしたのですが、如何せん、まだ双葉。他にチンゲンサイや葉ネギ、間引き菜ではニンジン、白菜なんかが穫れますが、これらはみんな熱を加えないと硬くて食せません。

久々にひなたぼっこがてら、イヌを連れて、草刈りや肥料まき(EMぼかしなのでくさくない)をしました。
「午後2時頃、日に当たる処」という限定条件なので、日陰のハーブガーデンはボツ。そこでカンナの球根掘り。
ここにはブルーベリーを植えたいのです。というか、前の庭担当の人が言うには「カンナを其処に捨てたら全部芽が出ちゃったのよね、カンナは強いのよ」。
以前、まだ元気だった頃、カンナの球根を幾つか掘ったら、腰の悪くない私が、腰痛になるくらい余りに頑固でした。
今日はその前の竹などを刈ってたから、実質は2株くらいでしたが、カンナはホントに強固。こんな思いをして抜いても、捨てた処からまた生えちゃうんでしょう?
焼くのも、生ゴミに出すのも気が引ける。どうしたらいい?う〜ん、悩みます。
このカンナを欲しいという人はいないかな?…いませんよねぇ。。

いえ、全部なくしたいというわけではありません。坂に沢山あるのです。しかし「ここは公道。車の往来に邪魔」と農家さんに言われてはいます。しかし、なんといわれてもカンナは抜きにくいですからねえ。

Endive23先日(12/3)菜園にイタリアンホウレンソウのたねまきをした時に発見したエンダイブ、スクスク育っています。(イタリアンホウレンソウは、まだ発芽せず)
これ、こぼれだねからの発芽なのです。
夏、ぼーぼーと夥しい量で、うすむらさき色の花をつけていたのが、発芽したというわけで。
これは中々いい感じ。ラディキオ&ミズナの2種類から抜けられるかも。

ホワイトプチヴェール、甘ケールは、生長せず。枯れもせず。そのまま。なんでかなあ。
隣の茎ブロッコリーやサボイキャベツはスクスク育っているのに。
来年2月の終わりから育つのかなあ。

前に草刈りした処に、小松菜とおぼしきアブラナ科の葉っぱが沢山出て来ているのを発見!きゃっほー!
そういえば、此処に黄色い花盛りの小松菜を捨てたっけ。今年は小松菜をまき忘れちゃってどうしようかな、と思ってたところでした。
ギザギザの葉のものもありました。交雑しちゃったんですね。
小松菜の丸い葉を穫り、鶏雑炊に入れました。ふふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-12-17

水仙が開花!

Suisen17冬は日陰になる時間が多い処で、水仙が沢山出揃い、つぼみが膨らんできました。

毎年12月になると、土の中からすっくと現れます。えらいですねえ。
早く咲かないかなあなんて思っていたら、先日タヌちゃんがひなたぼっこしていた処で花盛りじゃないですか。日なたで暖かい処は早いのですね。

早速、花を摘んで(切るのかい!)、新島のコーカガラスのコップ(自分で吹いてみました)にさして、食卓に飾りました。
水仙はいい香りですもんねえ。

Nobara17清楚な白い花も気品がありますよねえ。

今度は丈を長く切って、玄関の花瓶にもさしてみよう、などと考えました。
この花瓶、イヌの元飼い主が焼いた陶器なんです。この秋遺品整理をしたとかで、いただいたもので、まだ何か飾ることもないまま、玄関の棚に置いたままだったのです。

野バラの実もついていました。
今春こぼれるように沢山白い花びらをつけたので、赤い実も沢山です。
以前、此処に来る前、野バラの蔓でクリスマスリースを作ったなあと思いだしました。あれ、きれいなんだけど、作るのに棘が刺さって痛いんですよねえ。今年またやってみようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-12-15

カボチャ収穫、ブルーベリー剪定をしました

Kabocha1412/1にアップしたカボチャ、表面を誰か(たぶんカラス)にかじられていたので、まだ熟れてないだろうけれど、収穫しました。長さ約30cm。
(カメラのバッテリー切れで、ケータイカメラで撮ったから少しぼけ気味)

隣りの1個も穫ったので、もうカボチャはおしまい。
かじられたところから腐っていく可能性大なので、以前穫って追熟させていたものを置いたまま、穫ったほうから食してみました。
味はというと、やっぱり若い。
瑞々しいともいえるけど、やはりまだ速い感じ。色も薄いクリーム色で、もっとオレンジになるのではないかしら。
なんでそう思ったかというと、以前、端のほんの5ミリくらいがオレンジ色だったから。

この時期でも土の上に放置しておいて、溶けも腐りもせず、葉まで元気。ヘタは枯れ色にならないし、味も若いなんて、全くなんというカボチャでしょう。寒い地域のもの?ナポリ&ハーバードなのに?素性もハッキリしているのに?

雌花がついた実は、化石のようにそのままです。触ってみたけれど軟らかくもないし、花も咲きそうにないし、このまま終わるのかも。

放ったらかしておいた12/6に穫ったイチジク、雑炊に入れてみると中が赤く熟していました。前は薄いピンク色だったから。う〜ん、では置いておけばいいのかな。
このイチジクを入れるという行為、すごくいいにおいがするから気に入っています。
食べるとプツプツするけれど、それよりなによりホントにいい香りなんです。これは大発見!

暖冬だからか、剪定してないブルーベリーの枝に新芽が付いていてビックリ!ちょっと速過ぎじゃないの?
剪定バサミで切れる太さまでちょきちょきカット。これでもかって程切ったけれど、高さ1m20cmはあるところも。
後ろのバラ(ウィリアム・モリス)を優先するために深く刈り込むつもりでしたが、ナタでないと切れない太さ。そこから新しい枝が出たら、また大きくなってしまうかも。それではまたバラの世話がしずらくなってしまふ。。もっとバラを植えて、ガーデンぽくしようと思ってるのに。
そうはいっても、ブルーベリーを土ギリギリまで切る勇気はない私。あわよくば実がつかないかな、なんて。二兎追うものはダメですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-12-11

肥料まき

Sorame11昨日、肥料まきをしました。
エンドウ系が小さいのは肥料不足かと思い、そちらへもまき、バラやミカンの木にまでまいたので、ほぼ全面。
今回はベランダの雨水タンクが一杯になっていたので、そちらからも運んだのです。
階段有りで、すごい運動量!

くさいのはともかく、何十回も重いバケツ運びをしたから、疲れてしまいました。
夜、妙に顔が赤くなり、立っていると揺れる。座りたい。いつもは、もっとスッキリしているのに、と思った時、はっと気付きました。
そうだ、以前はずーっとこんな風に揺れていたんだ、と。
少しずつ、確実に良くなって来ているのです。

Hatuga11重いバケツを運んだり、運動すると調子悪くなるけれど、でも運動しないとダメなんですから、その加減が難しいですね。

上の写真は、芽吹いて順調に育つソラマメたち。かわいいでしょ?
ネットをはずしました。

玄関脇のフェルトプランターに、12/3まいたものから発芽していました。
コカブかな?菜園の方では発芽しなかったから(なんでかわかんない。古くないのに)、違うものかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-12-06

ホワイトプチヴェール

Putitevert52昨日届いた苗(ホワイトプチヴェール、甘ケール、パープルのアスパラ)の植え付けをしました。

今頃プチヴェールを売ってるなんて!それもセール価格で! 
と感激したら、商品にならないから売れないと言われ、それでも欲しいというと、画像を送ってくれて、お値引きまでしてくれました。
その時は、ただただプチヴェールが欲しかったのですが、ホワイトがつくからには変わってる?!
なんでも初めはグリーンなんだけど、段々白くなるらしい。わ〜ん、すごく楽しみ。

届いた苗は、確かに、この時期にしてはかなり小さい!
そのうえ茎がかなり高くなっています。
育つかなあ、と若干心配ではあるけれど、此処は温暖な土地だし、私が育てる野菜はみんな小さめだから、枯れなければなんとかなるのではないかな。

Putitevert5_2深めに穴を掘り、高く伸びた茎の処まで植えてみました。写真左。

去年、普通のプチヴェールを植えた時は、こんなにきれいな葉ではなかったような。
上手く育ちますように。

Wanko6イヌは横でお利口にしていて…といいたいところですが、「さわって」「散歩に行きたい」と唸ったり、吠えたり、いじけて鳴いたり、でうるさいったらない。
この時ばかりは言うことを聞くので、ブラッシングをしてやり、そのふわふわの毛で散歩に行ったら、草の実がこれまで見たこともないほどついちゃって。とるのが大変。ううっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わ〜ん、イチジクの実が!

Itijiku6_2まだまだグリーンの実のイチジク、今日久しぶりに見に行ってみると、えっえっ少なくない?!
しまったーっ、鳥に食べられちゃったんだ!

30個はあったと思うんだけど、6個しか残ってない。
塀のある方はほぼ全滅。盗りやすかったんだろうなあ。
塀の上にぽつんと1個。傷ついてなかったけれど、食べようとした?
まだ熟れてないのにぃ。
あ、そうか、熟れたのから順に食べてるのね。そうよね。

3年目の桝井ドーフィンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだカボチャの花が!

Kabocha612月初めに6個実をとったカボチャ、茎や葉をそのままにしていたら、また雌花が膨らんで来たじゃないですかっ!
実の部分で10cmくらい。
以前はもっと小さい実でしたよ。寒くなってから、膨らむかなあ。
もう雄花は咲いてないから、今から雌花が咲いたって仕方ないんじゃないの?
もう12月なんだよ?
なぜ、この季節に元気なんだろう???
寒くなってから育つ品種なのか?カボチャが?

もしやナスも越冬するかも、と思って、先の方の葉や茎を刈り込んで、置いておくことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

芽キャベツ

Mekyabetu6_211/11にナニモノかに抜かれた芽キャベツ(たぶん犯人はカラス)、もう一度植えたものが、枯れることはなく、でも小さいままじっとしています。
外葉が枯れて、内側だけ育ち、今は8cmくらい。
果たして育つ気はあるのでしょうかね。
でも、死んでなかったということで。。

Mekyabetu62普通は、こうやって育つはずなのです。
それでも小振りだと思うけど。
まだまだ大きくなる予定でいるそうです。
また肥料まかなくちゃね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-12-05

ソラマメのファーベ

Soramame5
Sunakendo5ソラマメはスクスク育っています。
ファーベは3本顔を出していて、一寸とか日本のは2個まき。(3個まきは甘やかしているのだ)
全然芽が出そうにない処に、追加のたねまきをしました。2カ所。あと1本しかない処にも。今頃?なんだけど。

エンドウ系も顔出してきて、スクスク。

発芽してくれると、うれしいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-12-03

暴風で

Felt1日中は恐ろしく暖かくて、半袖でもOKくらい。風の強さは半端じゃないけど、今日はたねまきをしました。
フェルトプランターを買っておいたので、初めてチャレンジ。玄関前に置いてみました。
ミックスレタス、ロメインレタス、コカブ、ロケット、ミックスエンダイブ。
みんな、ベビーリーフで食べようかと思って。
菜園には、イタリアンホウレンソウ、パースニップ、二十日大根を。

風の強さは特別でもう辞めるか、暖かいからもっと草刈りするか。芽が出たばかりのスナップエンドウを踏んじゃって、それも何本も!
ただでさえフラフラして踏みやすいのに、風で飛ばされて、じゃ救いようがないですね。
そうだ、ニラをとるんだったと思い出し、きれいな葉を選り分けていたら、すっかり遅く、寒くなってしまいました。

Felt2夕方イヌの散歩に出掛けると、雨雲が出て来て、不穏な空〜と思っていたらポツリポツリ。
イヌの散歩を早々に引き上げて、家に戻るまで5分弱。降りが強くなった、と思うも束の間、土砂降りの雨!
暴風は元々だけど、雨まで家にピューッ、バシャバシャ吹き付けて、そりゃあすごい音。それが4時40分のこと。
今日はらでっしゅぼーやの人が来る日なのにどうしようと心配していたら、雨が止み、青空まで見え、通り雨でした。この間20分くらい。まるでスコール。
しかも、5時40分に到着したらでっしゅぼーやの人が「えっ、そうだったんですか?なんでもなかったですよ。雨はポツポツ降ってたけど」というではないですか!ほんの少しの処に居たというのに!
日本も、南の島のようになってきたのかしらねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-12-02

全農エプロン誌12月号は菜園用語「農具編」

Pekin1今年ラストの『わくわく菜園づくり』は『菜園用語「農具編」』です。

皆さんは、どんな農具をお使いですか?
まずクワですが、モチロン使ったことはありますが、私は最初だけ。
長いこと借りていた畑の土は粘土質だったため、振り上げると塊がついてきちゃって、重いったらない。あまり便利とはいえませんでした。
入手した土はサラサラ。雑草も簡単に抜けるけど、栄養分も流れちゃう。クワは使えるでしょうが、小型の耕うん機が便利です。(病後はそれさえも、あまり出来ないので、やってもらっていますが)

そして、私は断然ノコギリガマ派。(もし◯◯派というものがあるとしたら、ですが)
普通のカマも使っていましたが、山梨の金物屋さんで見つけて以来、ずっとこれ一筋(?)。
草刈りしながら出て来る、土中深く根ざした竹や、根っこが長いドクダミは、普通のカマでは切れないんです。
Pekin2アメフラ氏は普通のカマに加え、ホーやレーキも使っています。
人それぞれ、あれこれ試すうちに、使いやすいものに行き着くものです。

『知っておきたいキホンの基』は『黒豆の上手な煮方』 
ル・クルーゼのおなべちゃんの顔が気に入っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-12-01

深夜のカボチャ泥棒?

Kabocha12111月中旬、野菜に詳しい友人が「ヘタが枯れたらとって、洋ナシみたいに追熟させれば大丈夫だよ。」といっていて、しょっちゅうヘタを見ているのだけれど、枯れそうにないんですよ。

夜半に床から冷気が上がって来て、この冷え込みにカボチャがダメになるのでは?幾らなんでももう12月だもの、無理なんじゃないの?
と心配になり、アメフラ氏と懐中電灯を照らしながら、とりに行くことにしました。
菜園にチラチラ明かりが光り、明らかに怪しくない?

取り敢えず、在処がわかっている2個だけとることに。
まだグリーンのヘタを茎からを切りとりました。
どれもグリーン一色で、「ナポリ」特有の斑点はない。形状はひょうたん型は「ナポリ」、「ハーバード」型もあるけれど、「ハーバード」のように白くない。交雑してしまったのかも。

そして翌日、外出したので、また暗くなってから、もう2個。もう一日延ばすのが不安だったから。
計4個。
たね2袋で¥1154。それで4個って少なくない?
しかも、菜園の半分を覆う勢いではびこっていたのに。
全然受粉してやらなかったから?

そして、最初にとったものを切ってみると、まだ全然若いんです。淡いクリーム色。薄くスライスしたら生でも食べられる!
スライスしてフライパンで炒めると、美味しいんだけど、若い。水っぽい。翌日スープにしてみたら、美味しいんだけど、若い味。明らかに速かったのです。
う〜ん、見ても触ってもわかんないからなあ。ちょっと軟らかめとは思ったけれど、熟れて軟らかい(つまり腐りかけ)とも言えない?と思ったから。

「ハーバード」は「調理するととってもいい香りのするパンプキン」と説明書きにあったので、どんな香りがするんだろうと買ったもの。
なので、ニオイは重要です。でも、クンクンしてみたけれどニオイなんてしない。速いから?交雑だから?

Kabocha122まだ葉は全然元気です。
右に写っているのは、クリスマスローズ。
こんなライトグリーンの若葉があちこちに見られるのです。
食用菊だって、もうオシマイというくらい寒いのに?

カボチャだよ〜、夏には、せめて秋には終わる。いつまで置いておけるのかって、そんなの本にも載ってない〜〜〜。
さすがに古い葉は寒さで枯れてしまったけれど、この若葉が新たな勢力になっています。

12/1に、まだもう1個あるのを発見!上は、その写真です。
これは、ヘタが枯れ色になるまで置いてみようと思います。
葉は、こうなったら刈らずに、枯れるまで置いておこうかなあ。冬越しするかも?

12/3 もう1個見つけました。計6個。

12/6 そうそう、カボチャの蔓に埋もれたトマト、脇芽から育ったものですが、赤らんできてます。
水っぽく酸味も少ないですが、スープに入れたり、パスタに混ぜたりしています。さすがに生でサラダにしては美味しくないですけど。
大きなグリーンの丸い実もあるけれど、こちらは赤くならないんじゃないかなあ。前にスライスして焼いたら今イチ。
2年前グリーンのトマトをピクルスにしたら、いっぱい出来ちゃいました。アメフラ氏が食べないので、私ひとりがせっせと食べることになったので、勿体無いけどそれはしないことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »