« 水仙が開花! | トップページ | 今日のホワイトプチヴェール »

2010-12-23

ラディキオ、冬になると色づきます

Radikio23毎日毎日、昼に夜にラディキオ&ミズナの生サラダを食しています。
このラディキオ、これまではペラの葉をとって来ましたが、最近巻いて来て、暗褐色が濃くなってきました。前はこんなに濃くなかった。
手でちぎって器に入れると、オシャレなイタリア〜ン!
このカラーリング、とても気に入っています。しかも多年草!うひひ。

しかし、2種類というのも飽きてきます。
もっと他の野菜も植えればよかったと、12/3玄関前のプランターにレタスミックスやらをたねまきしたのですが、如何せん、まだ双葉。他にチンゲンサイや葉ネギ、間引き菜ではニンジン、白菜なんかが穫れますが、これらはみんな熱を加えないと硬くて食せません。

久々にひなたぼっこがてら、イヌを連れて、草刈りや肥料まき(EMぼかしなのでくさくない)をしました。
「午後2時頃、日に当たる処」という限定条件なので、日陰のハーブガーデンはボツ。そこでカンナの球根掘り。
ここにはブルーベリーを植えたいのです。というか、前の庭担当の人が言うには「カンナを其処に捨てたら全部芽が出ちゃったのよね、カンナは強いのよ」。
以前、まだ元気だった頃、カンナの球根を幾つか掘ったら、腰の悪くない私が、腰痛になるくらい余りに頑固でした。
今日はその前の竹などを刈ってたから、実質は2株くらいでしたが、カンナはホントに強固。こんな思いをして抜いても、捨てた処からまた生えちゃうんでしょう?
焼くのも、生ゴミに出すのも気が引ける。どうしたらいい?う〜ん、悩みます。
このカンナを欲しいという人はいないかな?…いませんよねぇ。。

いえ、全部なくしたいというわけではありません。坂に沢山あるのです。しかし「ここは公道。車の往来に邪魔」と農家さんに言われてはいます。しかし、なんといわれてもカンナは抜きにくいですからねえ。

Endive23先日(12/3)菜園にイタリアンホウレンソウのたねまきをした時に発見したエンダイブ、スクスク育っています。(イタリアンホウレンソウは、まだ発芽せず)
これ、こぼれだねからの発芽なのです。
夏、ぼーぼーと夥しい量で、うすむらさき色の花をつけていたのが、発芽したというわけで。
これは中々いい感じ。ラディキオ&ミズナの2種類から抜けられるかも。

ホワイトプチヴェール、甘ケールは、生長せず。枯れもせず。そのまま。なんでかなあ。
隣の茎ブロッコリーやサボイキャベツはスクスク育っているのに。
来年2月の終わりから育つのかなあ。

前に草刈りした処に、小松菜とおぼしきアブラナ科の葉っぱが沢山出て来ているのを発見!きゃっほー!
そういえば、此処に黄色い花盛りの小松菜を捨てたっけ。今年は小松菜をまき忘れちゃってどうしようかな、と思ってたところでした。
ギザギザの葉のものもありました。交雑しちゃったんですね。
小松菜の丸い葉を穫り、鶏雑炊に入れました。ふふふ。

|

« 水仙が開花! | トップページ | 今日のホワイトプチヴェール »

菜園仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラディキオ、冬になると色づきます:

« 水仙が開花! | トップページ | 今日のホワイトプチヴェール »