« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011-05-31

八重のタチアオイの蕾

Arucea八重のタチアオイの蕾が膨らんできました。これがちょうど咲いた日、近く(といっても徒歩では遠い)の『隠れ菖蒲園』の看板が出ます。今年も開催されるかなあ。

今日は久々の晴れというので、ためていた洗濯をして、それからスナップエンドウ,ツタンカーメンエンドウを刈り取り、草を刈って、ナスの苗を植えました。
そういえば、以前ミニ温室で育てていた中で「蓋のないロックウールが一番よかった」と書きましたが、その後外に放ったらかして、雨に濡れてずくずくになったりしてたジフィーセブン、ジフィーポットのトマトとナスが大きくなったのです。土に植えたロックウール育ちの苗よりずっと。わからないものですねえ。ペッパー:レッド・チェリーは1本だけで全滅でしたが。
ズッキーニは温室より直播きした方がずっと大きくなっています。

茎ブロッコリーも刈り、跡地にササゲやインゲンのたねまき。
土を休ませないですねえ。刈ってすぐに植えたり蒔いたりだもの。
今年は、ミニ耕耘機でかき混ぜず、雑草をとるだけです。

トマトの、苗から買って植えたものは、もう実がついて大きくなってきたので、アメフラ氏に支柱を立ててもらいました。これが立つと、菜園ぽいです。

Radekio遂に、ラディキオ(チコリ)も開花しました。花が咲くと葉が硬くなります。
毎日2回食べ続け、最近葉が硬くなってきていたからねえ。冬〜春にずっとお世話になっていました。これ多年草なのでずっとあって便利です。近くにエンダイブもあり、こちらは一年草なのですが、こぼれ種があちこちから出て来るので、春になると食べられます。

取り敢えず、5/29に4巻の絵が描き終わったので時間が出来たのですが、入梅しているから毎日天気が悪く。まだたね蒔きや、花の苗を植えなくちゃならないのに。中々思うようには行きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-30

カンパニュラ開花!

Kanpanyura30つる薔薇ポルカの後ろ、草に埋もれながら「カンパニュラ・プンクタータ・ルビリフォリア」がひっそり咲いていました。(長い名前で覚えられない。。)

この筒状になった形、好きです。
ホタルブクロのうすむらさき色もきれいだけど、これははっきりしたきれいなルビー色ですねえ。

これは今年の1月に植えたものですが、別な所に2月に植えた白い花もあるのですが、そちらは今日は咲いていませんでした。近いうちに咲くのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-25

つる薔薇ポルカ

Polkaつる薔薇ポルカの花は、大きくて、えらくゴージャス。
花開いた一輪、開きかけ2輪、ローズゼラニウムと、はっきりいって、庭から取ってきただけなのに、「なに、今日誰かのバースディ・パーティ?」って感じに華やぎます。くふふ。
写真だと、小さめに見えますが。

花屋さんで買ったら絶対高いよ〜と思うだけで、笑みがこぼれちゃう私って、俗だな。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011-05-20

自著のご紹介

Nagasa1こんな時になんですが、算数絵本『ながさ』が出ました。
地震の前、寒い頃に描いていたものです。
そんなこともあり、雪のシーンから始まります。(うちでは雪は年に1回降るか降らないか。今年はまだ降っていません)

『ながさ
 かならずわかるさんすうえほん[低学年2]』
 石井孝子 文 高橋由為子 絵 (大月書店)。

 装幀はアメフラ氏ですよ〜。

Nagasa2
寒い外から「タイルのくに」に行くと、そこはガラス張りのドーム。もわっと暑い。イチゴがなっているので4月くらいの陽気です。
イメージとしては、もう無いけれど宮崎のシーガイア、温泉植物園みたいでもあります。
Nagasa3
三人は川を掘って水をいれてみました。
その長さを、それぞれの素材(葉っぱ、石、木の枝)で測ってみます。さて誰が一番長いでしょう。

Nagasa4_2
大月書店のHPはコチラ
ひとりでも算数が苦手なコドモが減りますように。
宜しくお願い致します。

今は4巻目の『かけざん』の締め切りが近付いてきて、のんびり焦っています。
菜園の世話が中々出来なくて、もう蚊が出ちゃう、梅雨になっちゃう…が悩みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-18

シークワシャーの花

Sikuwasha165/6に花が小さいといいましたが、ちゃんと大きく(といっても小振りですが)咲いていました。
ポンカンとか他の柑橘系の花と違い、おしべを保護するように、立ち上がりの花弁がありました。

柑橘系の花の香りは、爽やかで甘酸っぱくて、ホントにいい香り。
スイカズラの香りが一番好きですが、二番めくらいに好き。
もうじき、三番めくらいに好きなクチナシも咲きます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-17

いろいろたねまき

Shungiku1ミニ温室で苗を育てていたスイカの「シュガーベィビー」を植え付けて、それとメロンの「ハレズ・ベスト」「カンタルポ・デ・カレンタイス」のたねもまきました。
そんなにまくと、カボチャのたねをまくところがないんです。。困った。。

シチリアのズッキーニは、ひょろ長。初めてまいてみます。
他にズッキーニ「ロマネスコ」、「イボイボズッキーニ・Friulana」。
ズッキーニは、この辺の気候と合わないそうですが、毎年懲りずにトライしています。

インゲンは深いブルーの「ドワーフ・ビーン・アメジスト」と去年のマメ「borlotto lingua di fuoco」。

もう5月も半ば過ぎで、たねまき時期には遅過ぎ。大丈夫かなあ。まだまだまく予定なのですが。

Shungiku2玄関脇のパンジーが植わっているプランターに、ニガウリ:太れいしのたねまき。
去年は西洋朝顔「ヘブンリーブルー」のたねをまいたら、盛夏は全く伸びず、秋口になってから茂り始めたので、全然グリーンカーテンになりませんでした。
今年はニガウリで再チャレンジです。

写真はふたつとも咲いちゃったシュンギク。この2種あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-16

ウィリアム・モリスが咲きました!

Rosewi16_2今年もイングリッシュローズの『ウィリアム・モリス』が咲きました。
相変わらず、美しく、かぐしい香り。
茎が細く、花弁が幾重にもくるくる重なった花はうつむき加減に咲くのが特徴です。
茎も葉脈も赤く、大のお気に入り。
いかにも、「洋風」という感じがします。
Rosehi16
右は、ローズヒップ採り用の「ドッグローズ」。ローズヒップティの出し方がよくわからず、去年は穫りませんでした。。

『つるばら ポルカ』もつぼみが膨らんできました。
全体に株が大きくなってきて、嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-10

全農エプロン誌『わく菜』5月号はヘチマ

Mikan8_2全農エプロン誌5月号の表紙はヘチマの花です。

5月号のわくわく菜園づくりは「ヘチマ」です。
えーっ、ヘチマなんて食べられるのぉ?!というなかれ。
私も最初はそう思っていましたが、食べてみると美味しいんですよ。
トロリとやわらかく、アクもクセもないのです。
それが沢山出来ちゃうなんてウレシイ話でしょ?

なるほど全農は 「大切な農地を守り、次世代へ引き継ぎましょう
かわいいイラストなので(自分でいっちゃう?)見てみてくださ〜い。

写真はうちのミカン(ポンカンかも)。
今日からスイカズラも咲き始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニ温室苗の植え付け

Zeccini8一昨日からミニ温室で育てていた、ズッキーニ、メロン、キュウリ、トマト、ナスを菜園に植えています。(まだ全部じゃないの)
どれも、すご〜く小さくて、どのくらい小さいかというと、今からたねを蒔いても同じじゃないの?と思えるくらいです。
実際ズッキーニやメロンでたね蒔きしたものもあるくらい。。

結果として、ジフィーセブンは水抜き穴がないため病気っぽく、
ジフィーポットは徒長し過ぎ、
プラスティックポットはまあまあ(でもズッキーニの双葉は枯れた。発芽率もちょっと悪い)、
で蓋がなかったロックウールが一番よかったのです。でもそれじゃあ、温室の意味がない。。
来年は外にプランターを置いて、ビニールを被せた方がいいな。

今日はアメフラ氏が肩掛け草刈り機で、ぼーぼーに背が高く伸びていた雑草を刈ってくれたので(やっと)、これからカボチャなんかのたね蒔きも出来そう。
でも、大まかに刈ってくれただけなので、細かい草刈りはしないとね。ふう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-06

うちの野菜でお昼ごはん

Ryori56生食のソラマメ、フェーヴェは誰にでも受けています。
今回は普通のソラマメも穫れるようになり、今期初めて収穫。
さっと茹でて皮ごといただくのも追加しました。
一番手前の皿は、いつも食べているラディキオ主体のサラダ。

パスタは、昨日三崎の魚屋さん「まるいち」で購入したヤリイカ、カジキマグロ、マグロを炒め、トマトソースで和えたもの。
訪れた友人が料理好きで、包丁持参でやってくれたので、らくちん。
友人の彼女がサヤエンドウ・スナックエンドウのスジを取り、ソラマメのサヤをむいてくれたので、これもらくちん。
私はお豆を茹でて、パンを切っただけ。

今日は初夏のように暑い日で、窓を開け、ウグイスの鳴き声を聞きながら、のんびりくつろいだ一日でした。

奥の花は、庭の野バラ、ローズ・ゼラニウム、それからナガミヒナゲシ(かのよんさんに名前を教えてもらった)。

そうそう、エンダイブの新芽にはナメクジが。。。
そんな季節になっちゃったんですね。
冬以外はナメクジが増えちゃって、格闘します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-04

ツタンカーメンのエンドウの中身

Tutanc2_2サヤの色がパープルカラーのツタンカーメンのエンドウ。

あれ、もしかして、これって豆を食べるもの?
サヤエンドウじゃない?
長く植えとくの?
それともグリンピースくらい?

始めて育てるから、わからないことばかりです。

1番めの写真は、花が終わったベビー・サヤから黒いカラー。
最初は、結構濃い色です。

Tutanc3試しに熟れた感じのサヤを、一個穫ってみました。

中のお豆はグリーンでした。
生で食べると、やわらかくて食べられないことはない。
たね袋は、パープルの実だったと思うけど。

Tutanc4なんでも加熱すると、つまりお豆ごはんにして炊き込むと、色が変わるそうです。
今度、ごはんが炊けたらいれてみます。
グリンピースの時は、最初から一緒に入れて炊くと、くたくたになっちゃうから、蒸らしの時に入れます。その方式で試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-05-02

夏野菜苗の植え付け

空は抜けるような青空、海もぼーっとかすみ、急に暖かくというか初夏のように暑くなって、生き物がみな元気づいて来たようです。
蕾が夥しくついている野バラも、昨日から咲き始めました。
今年は遅いなあ、と思っていたら、2010年は5/4頃と大体同じ、2009年は4/28。株はびっくりするほど大きくなっています。

Nobara
夏野菜苗の植え付けをしました。
Uetuke2トマトは予約注文で購入した、マウロのイタリアントマト:ルージュボルドー、ピッコラルージュ、ピッコラカナリア、トスカーナバイオレット、ベネチアンサンセットの5種類。
このうちベネチアンサンセットは、「2011年度新品種。ストライプ模様がきれいな生食向きのトマト」なんだそうで、今年はこれに力を入れようかと4株植えてみました。その他は2株ずつ。あとはミニ温室で栽培中の苗(すごくちっちゃい)

ナスは、長ナス、中長ナス、水ナス、千両ナス、米ナス、ホワイトナス。
これもミニ温室で栽培中の苗(すごくちっちゃい)があるのですが、株間が広いから、あまり植えられないのです。
トマトもそうですが、ナスも種類が多く、また用途が違うので、中々減らすわけにはいきません。

Keshi他にピーマンとシシトウ、鷹の爪、青じそ。
去年ジャワ唐辛子とか韓国唐辛子など変わった唐辛子を見つけたら、買って来ようと思っています。

キュウリは、2株。こちらもミニ温室で栽培中の苗(すごくちっちゃい)があるのですが、たねもあります。早くまかなくっちゃ。

左の写真はケシの花。
普通のケシの花にくらべて、小振りで色もきれい。
なんだけど、これは車のタイヤなどについてくる外来植物なんだそうです。
すご〜く強く、去年はここになかったのに。

Sikwasha_2右はシークワシャーの花です。
なんだかすご〜くちっちゃい!大好きな柑橘系のニオイがするのかどうか、小さくてかげません。
南西側は風当たりが強いせいか、そのために寒いせいか、東側にばかり花がついています。

土の上はまだ安定が悪く、しかも立ったり座ったり中腰になったりで、意外に菜園仕事は疲れるものだと、早々に寝てしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »