« カンパニュラ開花! | トップページ | 全農エプロン誌6月号はモロヘイヤ »

2011-05-31

八重のタチアオイの蕾

Arucea八重のタチアオイの蕾が膨らんできました。これがちょうど咲いた日、近く(といっても徒歩では遠い)の『隠れ菖蒲園』の看板が出ます。今年も開催されるかなあ。

今日は久々の晴れというので、ためていた洗濯をして、それからスナップエンドウ,ツタンカーメンエンドウを刈り取り、草を刈って、ナスの苗を植えました。
そういえば、以前ミニ温室で育てていた中で「蓋のないロックウールが一番よかった」と書きましたが、その後外に放ったらかして、雨に濡れてずくずくになったりしてたジフィーセブン、ジフィーポットのトマトとナスが大きくなったのです。土に植えたロックウール育ちの苗よりずっと。わからないものですねえ。ペッパー:レッド・チェリーは1本だけで全滅でしたが。
ズッキーニは温室より直播きした方がずっと大きくなっています。

茎ブロッコリーも刈り、跡地にササゲやインゲンのたねまき。
土を休ませないですねえ。刈ってすぐに植えたり蒔いたりだもの。
今年は、ミニ耕耘機でかき混ぜず、雑草をとるだけです。

トマトの、苗から買って植えたものは、もう実がついて大きくなってきたので、アメフラ氏に支柱を立ててもらいました。これが立つと、菜園ぽいです。

Radekio遂に、ラディキオ(チコリ)も開花しました。花が咲くと葉が硬くなります。
毎日2回食べ続け、最近葉が硬くなってきていたからねえ。冬〜春にずっとお世話になっていました。これ多年草なのでずっとあって便利です。近くにエンダイブもあり、こちらは一年草なのですが、こぼれ種があちこちから出て来るので、春になると食べられます。

取り敢えず、5/29に4巻の絵が描き終わったので時間が出来たのですが、入梅しているから毎日天気が悪く。まだたね蒔きや、花の苗を植えなくちゃならないのに。中々思うようには行きません。

|

« カンパニュラ開花! | トップページ | 全農エプロン誌6月号はモロヘイヤ »

フラワー・ガーデン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重のタチアオイの蕾:

« カンパニュラ開花! | トップページ | 全農エプロン誌6月号はモロヘイヤ »