« 全農エプロン誌6月号はモロヘイヤ | トップページ | 『隠れ花菖蒲園』2011 »

2011-06-07

魚の肥料も最後

Zuccini6福島原発事故後、汚染水を海に放出したから、海藻も魚介類も少しずつ汚染が拡散されつつあります。
そうなると、ワカメなんかの海藻が食べられないじゃない、アサリのパスタも? 刺身もダメ、煮魚も焼き魚も食べられない?
えっえっ、じゃ、お出しもとれないの?
仕方なく、出し用の昆布や厚削りは多めに買ったものの、消費期限もあることだし、置き場所もないので、1年分くらい。半年もないかな。
魚は缶詰ですかねえ。味気ない。宇宙食だと思えば素敵?…う〜ん、非常食にしか思えないなあ。

ところが、ふと思ったんです。
うちの野菜づくりって、お魚屋さんからいただく魚のアラを、水で発酵させて作っているんですよ。
つまり、もう使えないってこと?うひ〜、ショック!
20年くらいという長きに渡って、この方法を貫いてきたのに(主義というよりタダだったんだもの)、これからその肥料も使えないの?!
EMで作ってみようかと思っていますが、タダじゃないし、そこそこする。あ〜、出費!
しかも、味がねえ。魚の肥料の方が美味しかったのに。
アメフラ氏が、魚から出るストロンチウムが溶けて体内に入るから使えない、というんですよ。(ストロンチウムは骨や顎にたまり、歯が抜け落ちるという)あ〜あ。仕方ないなあ。

それなのに、「20日に72万テラベクレルの汚染水流出の恐れ」というじゃないですか!それも10万5100トン!すべてが数字に弱い私には天文学的で難しい。
これまでだって、1000倍だったかを沢山流し、370万倍が数え切れないほど流れ出た、というのに、まだ流すのですか?信じられない。

しかも、今回の事故により広大な放射性物質拡散で懲りたはずなのに、今後は「地下式原発」を作ろうという記事(5/31)を見つけました。
「日本には大きな空洞を作る技術が確立している。(地下原発は)安全性からいって非常に意義がある」と(毎日jpより)。
たちあがれ日本の平沼赳夫が会長で、民主党 鳩山由紀夫、羽田孜、渡部恒三、石井一
自民党 谷垣禎一、森喜朗、安倍晋三、古賀誠、中川秀直、山本拓(福井2区) 、国民新党 亀井静香と、超党派でそうそうたる面々が名を連ね。
その新聞記事を探したら、詳しい文面が見れなくなってるものも。
地下原発 のニュース検索結果
地下原発議連:第1回勉強会に20人参加
信じられない。どうなってるのでしょう。この人達は日本がなくなってもいいとでも考えているのでしょうか!!!!!

|

« 全農エプロン誌6月号はモロヘイヤ | トップページ | 『隠れ花菖蒲園』2011 »

ヴェジタブル・ガーデン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1032435/40300165

この記事へのトラックバック一覧です: 魚の肥料も最後:

« 全農エプロン誌6月号はモロヘイヤ | トップページ | 『隠れ花菖蒲園』2011 »