« 紫のインゲンと白いナス | トップページ | ロニセラ »

2011-07-07

シークワシャーの小さな実

Sikwasha6ごつごつした肌のシークワシャーの実がいっぱいついていました。
花が咲いた頃はおびただしく実が付き、選定しなくちゃだめかなあ、ずるずるしてたら、余分な実は黄色くなって落ちたり、自分で淘汰していくようです。

久々にイチジクを見に行ったら、きゃ〜というくらいデカクなっている。
モンスターのような人型で、おかしい。
しかし隣地にはみ出てるのはまずいな。切らなくちゃ。

今日は夕方ちょこっと草刈り。ズッキーニ周り。
シチリアのズッキーニ、ひょろ長いたね袋の写真。つる性で伸び始めています。あれれ、ズッキーニなのにつる性?
しかも花(つぼみ)が白い!黄色ではない。
シチリアのカボチャもたね袋では似たような形。たねが似てる。で「ズッキーニのように若穫リするとおいしい」と書いてあった。もしや同じ物?…げっ。ま〜い〜や〜。(テキトー)
普通の細長型のズッキーニ、小振りながらも(第1花だから?)成っています。楽しみ。

|

« 紫のインゲンと白いナス | トップページ | ロニセラ »

果樹あれこれ」カテゴリの記事

コメント

シークワシャーですか。
大昔に、沖縄に行った時、シークワシャージュースを飲んだのを思い出しました。
でも、味は思い出せないわ・・・
シークワシャーって、どんな味ですか?

投稿: かのよん | 2011-07-09 15:26

沖縄では、その昔「ヒラミレモン」と言われていました。
それも大昔。30年位前。

レモンほど酸味が強くなく、スダチとも違うのだけれど、香りが違います。なんといったらいいのか。

うちのは、去年初めて食べたけれど、黄色く完熟していたので、甘かった。。。

投稿: 海うさぎ | 2011-07-10 10:18

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シークワシャーの小さな実:

« 紫のインゲンと白いナス | トップページ | ロニセラ »