« イングリッシュローズ「ウィリアム・モリス」 | トップページ | イングリッシュローズ「チャールズ・レニ…」 »

2011-11-25

シークワシャーが実りました

Sikwsha25今年は大豊作で、沢山実を付けています。

一昨日搾ったら甘かったので(私は酸っぱいものが好きなので、基準はあてにならないかと)、全部穫ろうと思ったら、結構沢山あったので、半分くらいにしました。

いくつくらいかなあ。数えなかったなあ。う〜ん、80個くらいかなあ。
去年は8個しか穫れなかったのに、信じられない量です。
いーっぱい穫れるので嬉しくてしょうがないけど、1個が小さいから、搾れる汁は少しなのでねえ。
あ、今年がオモテ年なら、来年はウラ年。あまり穫れないのかな。

焼酎に搾って入れるつもりで苗を購入したのが、7〜8年前かなあ。神保町のタキイで¥1980。小さい苗で、鉢植えにしていました。
アメフラ氏のシンボルツリーとして、2004年、ここに来て地植えにしました。
スクスク育って株が大きくなり、剪定してましたが、地におろしてから7年、やっと報われた感じです。あ〜、よかったなあ。長いなあ。

wikiに依ると、沖縄方言で「シー」は「酸」(あるいは「酢」)、
「クヮーサー」は「食わせるもの」(あるいは「加える」)、
「シークヮーサー」という名称は「酸を食わせるもの」(「酢を加える」)。
芭蕉布を織り上げた際に、そのままでは固い布をシークヮーサーの果汁で洗浄し、柔らかくしたことに由来しているそうです。

大学生の頃、先生&上の学年らと「染織研修旅行」に行き、芭蕉布を見ました。
あの茎と葉(だったと思う)を1本1本繊維にして、織っていくのです。
麻より堅く仕上がります。えらく高価です。歌にもなっていますね。
端切れをもらったことが、とても嬉しかったので、ずーーっと大切にしていましたっけ。その芭蕉布です。

和名はヒラミレモン(平実檸檬)。
むか〜し沖縄に行った頃、自動販売機でこのジュースを売っていたから、黄色く熟してから搾って飲むのかも。

|

« イングリッシュローズ「ウィリアム・モリス」 | トップページ | イングリッシュローズ「チャールズ・レニ…」 »

コメント

お久しぶりです、こんにちは
80個って、すごくないですか!?
1つ1つが小さくても、結構な量になりそうですね。
大昔に沖縄に行った時、シークワーサージュースを飲んだのですが、美味しかったような覚えがあります。(うろ覚えですが・・)
ジュースでも、ボン酢でも、なんでも作れそうな量ですね(^^)

投稿: かのよん | 2011-12-01 06:27

そうそう、いっぱいでしょ?
大きくなったりはしてないのですが。まあ、若干去年よりは大きいかなあ。

ためてジュースにすればいいんですよね。
ジュース一杯作るのに、何個使うんだろう?う〜ん。

気をよくして、今冬こそ、絶対に「柚子」の木を買おうと思ってるのです。2~3個でもいいから、あると便利だものねえ。
かのよんさんちにあったっけ?

投稿: 海うさぎ | 2011-12-02 00:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シークワシャーが実りました:

« イングリッシュローズ「ウィリアム・モリス」 | トップページ | イングリッシュローズ「チャールズ・レニ…」 »