« 春の訪れは蕾から | トップページ | 春の訪れ »

2013-02-24

カリフラワーロマネスコ

だいぶ大きく育ったものの、未だ小さいベビーちゃん。
一粒ずつの蕾がつまっていて、硬そう。
この時期、気温が上がれば一気に育ってしまうし、下がったままなら生長しないし、収穫期を読むのは大変。
いつもならそんなこと気にせずに、出来たものを出来た時に収穫するだけのこと。だけど、今回に限って、友人にあげる約束をしてしまい。
チーマディラーパの方はなんとかなりそうです。

Romanesco224_2

たまたま菜園にいる時、荷物を届けてくれた人に、このロマネスコを見せたら大感動!
気をよくしてプチヴェールのホワイト(下の回の写真)を見せたら驚喜!
で、パープルと芽キャベツも差し上げました。
「みんなに見せる!!」とのこと。
誰かに喜ばれると、私もウレシイ。

Kikuimo24_2左の写真は、ショウガじゃありません。キクイモ。
英名ではエルサレム・アーティチョーク、古いイタリア語ではヒマワリ・アーティチョーク。
なんでそんな名かって、アーティチョークのニオイがするそうですが、私には匂わなかったけど。

無農薬無肥料栽培というので、うちの菜園にピッタリ!
昨年4株植えて、茎が何本も出て、葉はワサワサ。2mくらいの高さに育ち、ヒマワリに似た黄色い小花をいっぱい咲かせました。
今日はその3株目を掘り、ゴロゴロ小さいのが沢山50個くらい出て来ました。また土の中に埋めておきます。

薄味で、シャキシャキが信条、ほんのり甘い。でもクセになる!
最近この辺のスーパーでは売られています。超変わってるのに、安い。それが難点。。

追記:フランス語では「トピナンブール」。欧米では結構メジャーらしい。


|

« 春の訪れは蕾から | トップページ | 春の訪れ »

ヴェジタブル・ガーデン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1032435/49627614

この記事へのトラックバック一覧です: カリフラワーロマネスコ:

« 春の訪れは蕾から | トップページ | 春の訪れ »