« パクチョイ、リーフレタスの植え付け | トップページ | 春の訪れは蕾から »

2013-02-08

早春の菜園

28chima3ヶ月あまり経ち、久々のアップです。
イヌが死んでから時間が止まってしまい、何も出来ず、毎日泣いてばかりでしたが、季節はしっかり春の方に進み、あちこち芽吹き始めています。

左はチーマ・ディ・ラーパ。
最初にたね蒔きしたものは発芽が悪く、再度新しいたねを購入し、一袋全部蒔いたら酷いことに!
間引きしなかったので、更に恐ろしいことに!
こんな感じの状態が6畝もある!
写真は1畝の1/10くらいかなあ。

プラス最初に蒔いた処のも育ってるし。
しかも蕾が出始めている!!
速すぎでない?
去年もこんな時期だったのかなあ。去年のブログを読み返してみたけれど、わからない〜。
取り敢えず、ドサーッと間引きしながら収穫して、サッと茹でると、これがまた美味しい!まだ苦みもクセもアクもなく、爽やかな味わいです。

28vertpurple右は、今年初めて育てるプチ・ヴェールのパープル。(ピントが合わなくてごめんね)
薔薇の花が咲いたように、すごく美しいでしょ?
食べるのが勿体ないくらい!!

結球しない芽キャベツのような感じです。
味は、まあまあ。
オリーブ油で炒めて食べました。
その方が形が残るかと思って。
コリコリしてたから、今度はスープに入れてみようっと。

28vertwhiteホワイトもあったので、お皿の中が色とりどりになると美しいだろうな、と両方植えてみました。

下は、ブッダヘアーみたいな、サンゴ礁みたいなカリフラワー・ロマネスコ。
折り重なった葉っぱをめくると、中に小さな蕾が出て来ています。こんな小さな頃から、もうロマネスコの形をしていて、ホントいじらしいです。

カリフラワーは、折角育てても、上の1個を穫ったらオシマイで、かなり効率が悪い野菜。
去年は4株しか育てなかったから、今年は10株植えてあります。

28cariromanesco1/30に、雑草に埋もれていたクリスマスローズ周りを刈ったら、なんと白い卵のような蕾をつけていました!
カマで篠竹を切ろうとすると、ツリガネズイセンの芽まで切れてしまい、うひーっ!
だからといって、篠竹は上部だけ刈るわけにはいかない。すぐ生えてくるんだから。まだ地上部に出てないので、気をつけながら篠竹を刈り、とかなり大変でした。

その甲斐あって、今日はクリスマスローズの蕾はぷっくり、ツリガネズイセンの芽も顔を出していました。よかったあ。

28christrose_22/1に水に浸けた「アグレッティ」のたね蒔きを。昨日しました。
育てたこともないし、まして食べたこともない。
これ、オカヒジキに似た形体で、ホウレンソウに似た味とか、梅シソの味とか???

ネットで検索して少ない栽培日記を読むと、どうも発芽率がかなり悪いらしい。
取り敢えず蒔いてみようと、まず水に浸す。その後、急な来客時見えない所に置いたら、すっかり忘れてしまい、気づいた時には1週間たっていました!
糸のように発芽しているじゃあないですかっ!(これは写真で見た通りなので、正解)
モヤシになってるぅ。しかも少しカビ生えてるし。
慌てて洗い、翌日蒔いて、寒くないように不織布をかけてみたけれど、どうなることやら、です。育ってくれるといいなあ。

|

« パクチョイ、リーフレタスの植え付け | トップページ | 春の訪れは蕾から »

ヴェジタブル・ガーデン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1032435/49269458

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の菜園:

« パクチョイ、リーフレタスの植え付け | トップページ | 春の訪れは蕾から »