菜園仕事

2012-05-19

スネイルフラワーだそうです

Snailflower19ネットで花の写真を見て、「これ、バリ島で見たやつじゃない?!」と思い、うれしくなりました。
で、今年のグリーンカーテンにしようと、早速初春に予約。

4月終わりに2株プランターに植えて、一昨日から咲き始めました。
これは2番目に咲いた花。以前咲いたのとは異なる株なので、この株としては初めて。
いい形に撮れなかったのだけど、マメ科の花です。

名前の由来は、花の形がカタツムリに似ているとか。
デカイ花なので生命力が強い?!しかし肥料食いというから、肥料足りないかも。無肥料で育つというほどワイルドではないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-02-08

ポカポカ陽気でした

ずっと寒かったり雨降りで、犬の散歩にも行けず、寝たり起きたり不調でした。でも今日は久々のポカポカ陽気。
溜まった洗濯をして、日に当たりながら薔薇の剪定。ウィリアム・モリス1本だけね。やり過ぎて、また具合悪くなっちゃうと困るから。

赤い新芽がついてて、空気はもう春。湿っています。じきに花粉が飛び始めるのね〜。
この花粉にもセシウムどっちゃり。周りも空も海も春に向けてウキウキしてるのに、世の中すべてが変わってしまったなんて。
作業中にN95のマスクが届きました。
そう、今、このマスクをかけなきゃならない時が来るかも、のギリギリ状態。どうなるのか、なんでこんな綱渡り状態の中に、緊張感の続く中に居続けなければならないのでしょう。もう、永遠にほのぼの気分になれないなんて、悪い夢の中にいるとしか思えない。

Chingensai08タネをまいたチンゲンサイ、鳥たちに食べ尽くされらボロボロになってしまいました。仕方なくネットを張ったところ(アメフラ氏が)、大きくなってきました。ふふふ。急いで食べないと、蕾を持っちゃいそう。

久々、一人で犬の散歩にも行けました。
また、ミサちゃんちの野菜スタンドで買っちゃいました。カリフラワーと春キャベツ。
うちのキャベツ、3種類あるのですが(サボイ、アクート、ふつうの)どれも寒そうにしながら、小さいままです。。肥料たりないのかなあ。なんだかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-02-04

あこがれの野菜スタンド

Yasaistand4イヌの散歩時に通るミサちゃんちの野菜スタンド。正確には「みつる農園のナントカ」って名前(正確に、といいながらテキトーですみません)。
今は沢庵用の干し大根もあります。
いいなあ、季節ごとに変えていって。私もこういうのやりたいのよね〜。
えっ、夢が「野菜スタンドのオーナー」って変?

ちょっと前のマイブームはミニ・カリフラワー。
「カリフラワー」を手に取ると、きゃっ!とウレシクないですか?
ブロッコリでもいいんだけど、断然カリフラワー!
しかも、ミニは小さくて、なおさらかわいい。しかも使いやすい。
カリフラワーって大きく育てて、その割に1回で終わっちゃうから不経済なのです。だから茎ブロッコリーとか続けて穫れるものを育てています。
あ、例外があった。不思議な幾何学的な形のロマネスコは3個ほど育てています。なぜか、あまり大きくならないけど。
キャベツでも球ごととらないで、葉っぱを穫っていくシステムに。

今のマイブームはミニ・ハクサイ。
イヌも、ここで「美味しいものをゲット」と覚えているから、散歩どころじゃなくなってしまいます。真横を向きながら歩いたり。
う〜ん、散歩より食、食い意地が張ってるのよね〜しかも野菜だし。
うちのヴェジタブル犬ときたら、野菜も蜜柑も大好きなの。デカイ大根とか大喜びしてるくらいだから。さすが、三浦の犬!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-12-28

アミかけ

Net紫キャベツの中心部半分が鳥(たぶんヒヨドリ)に食われていて、たった二株しかないのにクヤシーッ!
まだ茎ブロッコリやキャベツ(これはヨトウムシか誰かに二株くわれた)が幾つかあるので、ネットをかけることにしました。

周りは、広〜くキャベツ畑と大根畑があるのに、なぜウチ?
ちょっとしかないのに?!
美味しいから?(自画自賛)
なので、仕方なく。ネットかけると、自分が穫りにくくなるからイヤなのよねえ。でも仕方ない。

ということで、一昨日、アメフラ氏がかけてくれました(ネット掛け担当はアメフラ氏、私は収穫担当)。あ〜ぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-12-16

薔薇のウェデイングベール

Cpmrose1あまりの寒さに、葉が黒くなって来た薔薇、クラウン・プリンセス・マルガリータの葉。
此処だけ一日中、日陰で寒い。カメラを持つ私も寒い。ぶるぶる。
ウィリアム・モリスは元気で花まで咲かせてるのに?見ると、そこは日が当たってた…。

夕方、アメフラ氏に寒冷紗で防寒してもらいました(勝手にやると、巻き方がどうの、止め方が甘い、とかブウブウいわれそうだったから)。
寒冷紗、一じゅうでダイジョブだろうか、奥のは二じゅうにしてみました。
効くといいんだけどねえ。
なんか、結婚式みたいでしょ?
右奥に見えるピンク色は、既に枯れてしまった食用菊。

Cpmrose2
このままアーチに育つ前に枯れたら、どうしよう。夢の薔薇のアーチだったのになあ。
「死ぬ前に」と思ったのが悪かったのか。私が死ぬ前に、薔薇が死んでドースル?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-03-25

放射能汚染で、うちの野菜が食べられない?

とうとう懸念していた福島原発事故が起きてしまいました。

チェルノブイリ原発事故、今から25年前、原発の事実を知り、自分はものすごく不安な上に立っているんだと愕然とし、足元からガラガラ崩れていくような、震えが止まらなくなったことを思い出します。
そんなことは、あとにも先にも、あの時だけです。

風向きがスウェーデンに向かい、ヘラジカが苔を食べ、その苔に放射能物質が付着している。イタリアのパスタも汚染など。何年かはパスタも買いませんでした。
その不安が、自分の野菜に降り注ぐとは。

信頼出来るサイトからすると、もう「外国産の野菜と肉を食べる」になってしまいました。
私が育てた野菜は食べられないの?
汚染されているの?
そんな…。
TPPに反対する全農イラストも、今まさに第二回目を描いているのに、外国産の野菜を食べるですって?!
Califlower25野菜たちはスクスク育ち、空は抜けるような青空、なのに、この風には、空気には放射性物質が混じっている、なんて。
放射性物質は目には見えません。何もかもが、今までと寸分たがわず目の前にあります。
けれど、体内に吸い込んだら、ひじょうに危険です。
まちがいなく被爆して、癌になります。(3/29 人に依って癌になることもあるでしょう、と言い直します)
どうして、そんなことになるの?!
泣いても、怒っても、叫んでも、この事実は変わりません。

これ以上何か起こらないとしても、もう沢山の放射物質が浮遊しています。
「直ちに健康に問題ない数値。一年間食べ続けたら危険な数値」といいますが、野菜は毎日食べるでしょう?
毎日同じ処に暮らしているでしょう?
どっちも「毎日」じゃないですかっ!!
なのに、時間が経つにつれ、もっともっと悲惨な状況が発表され…。

決して大袈裟でなく、もしかすると汚染が広まれば、此処に住めなくなるかもしれません。
此処に住めないということは、東京にも住めないということで、これらの膨大な人間を何処へ移すというのでしょう。もし、強制移住などということになったら…。とてもじゃないけれど、そんなことは考えられません。

危機発生以前の水も、ミネラルウォーターもありません。
以前から、飲料水は湧き水を頂きにいっていますが、そこも汚染されるでしょう。時間の問題です。
新鮮な野菜や魚介類は食べない、牛乳は飲まない。食べるのは缶詰食品だけ。なんて考えただけで、病気になりそう。
こうして、汚染された処で暮らし、汚染された食材を食べていくのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-02-06

エンジェルウィングジャスミンの剪定・誘引

Wanko5ホトケノザも一斉に咲き始めました。
春になってきたんですね。鼻もゆるくなってきて、昨日からマスクをかけています。
遂にカレーの季節到来ですかねえ。

マスクをかけながらの草刈りで、竹とドクダミの根っこを掘っていたら、球根がころころ出て来て、バケツにとっておき、オレガノも1株掘ってしまいました。
きれいになった処へ、球根らとオレガノ、それからカンパニュラ・プンクタータ・ナナ・アルバとラシラス・ラクシフロラスを1苗ずつ植えました。
エキナセア・スターライトも植えるつもりで土の上に置いたのですが、草丈が70cmとあったので慌ててまたポットに戻しました。花は草丈を考えたりしなくちゃならなくて大変。それがまた楽しいのですが、慣れてないから中々上手くいきません。

Angeljasmin5イヌの処でぼーぼーに茂ったエンジェルウィングジャスミン、知っていたんだけど、まずフェンスに絡まる枯れたモーニング・グローリーを取ってからと思ってたら、遅くなってしまいました。
ラッキーなことに、アメフラ氏が枯れたモーニング・グローリーを取って、捨てて来てくれたので、らくちんでした(実はこれを取る&捨てにいくという行為が、まだ少し苦手なんです)。
これまでエンジェルウィングジャスミンは、枝の先端を引っ張るとポキポキ折れてしまい、誘引に向かないと思ってきましたが、今回は全然大丈夫。ある程度株を大きくしてから、ということでしょうか。

イヌはあちこち動きながら見ていました。
「じぶんのとこで、なにやってんだ。でも触ってほしいし」といわんばかりに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-01-30

苗を買いたいのですが

『食とたねの未来をつむぐ』(大月書店)ヴァンダナ・シヴァ 編著 小形恵訳 2010/07/01初版 表紙カバー★★★★
*一昨年カルロ・ペトリーニ氏のスローフードの映画で見てからのファン、ヴァンダナ・シヴァさん編著です。
切実な内容で、皆が知らなくてはならない事柄ばかり。けど、原文のせいか訳のせいか、リズム感に欠けるので少し読みづらいです。

FIなど子孫を残すことのないターミネーターたねは使ってはいけないとあり、そうなんです。その通りなんです。
その考え方には同意出来ますが、さて今度の夏野菜野苗を予約しようと考えた時に、立ち止まってしまいます。
ナス科野菜のたねまきは3〜4月。それもビニールなどかぶして暖かくしてやり、間引きなど世話しなければなりません。今はまだそこまでは出来ません。

苗を買う場所が限られてきます。トマトなどは在来種でなく、イタリアントマトを育てたい。わがまま?自分勝手?う〜ん、どうしたらいいのやら。ご存知の方がいらしたら教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-01-29

薔薇ポルカの剪定

Roseporka1/26つる薔薇ポルカと紫陽花の剪定をしました。

『ポルカ』は剛健で、アプリコットオレンジの大輪の花を次々つけます。
秋にも咲き、手間がかからず放任栽培出来るラクな薔薇。

シノ竹が山のように生えていて、以前はノコギリ鎌で地中から刈っていましたが、それでは時間も力もかかるので、最近はハサミでチョキチョキ切っています。すぐまた生えてくるだろうけど。
シノ竹を切ったら見た目さっぱりになり、空いた処に「カンパニュラ・プンクタータ・ルビリフォリア」を植え付けました。先日買った小さくて見えないような苗。今は午前中しか日が当たらない処だけど、育ちますように。

つる薔薇ポルカ、古い枝を切り、残った長いつるをフェンスに誘引してビニタイで止めました。
薔薇用の革手袋をしたら棘が刺さることもなく、らくちん。
前回までは、普通の布手袋をしていたので、棘が刺さって痛いったら!手の甲は傷だらけ。薔薇用に革手袋(カインズで買ったから安い)があったのを思い出して、今回使ってみた次第。

薔薇に限らずブルーベリーやイチジクなどにも新芽がついていて、剪定するには遅いの?1月なのに?う〜ん、わからない。

Ajisaiこれはガクアジサイ、初めからあったので、自分で植えたわけじゃないです。背が高くなり過ぎると景色が見づらくなるので短く切りますが、これがまたイチジクみたいに切っても切っても出て来て、花まで咲かせる、恐ろしく剛健なタイプ。
新芽もすこぶるでかくて、低く切ったため、だいぶ切り落としました。でも、きっと大丈夫。

つる薔薇も紫陽花もイヌの処に植えています。というか、そういうのが植えてある処にイヌが来たといった方が正しいですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-12-23

ラディキオ、冬になると色づきます

Radikio23毎日毎日、昼に夜にラディキオ&ミズナの生サラダを食しています。
このラディキオ、これまではペラの葉をとって来ましたが、最近巻いて来て、暗褐色が濃くなってきました。前はこんなに濃くなかった。
手でちぎって器に入れると、オシャレなイタリア〜ン!
このカラーリング、とても気に入っています。しかも多年草!うひひ。

しかし、2種類というのも飽きてきます。
もっと他の野菜も植えればよかったと、12/3玄関前のプランターにレタスミックスやらをたねまきしたのですが、如何せん、まだ双葉。他にチンゲンサイや葉ネギ、間引き菜ではニンジン、白菜なんかが穫れますが、これらはみんな熱を加えないと硬くて食せません。

久々にひなたぼっこがてら、イヌを連れて、草刈りや肥料まき(EMぼかしなのでくさくない)をしました。
「午後2時頃、日に当たる処」という限定条件なので、日陰のハーブガーデンはボツ。そこでカンナの球根掘り。
ここにはブルーベリーを植えたいのです。というか、前の庭担当の人が言うには「カンナを其処に捨てたら全部芽が出ちゃったのよね、カンナは強いのよ」。
以前、まだ元気だった頃、カンナの球根を幾つか掘ったら、腰の悪くない私が、腰痛になるくらい余りに頑固でした。
今日はその前の竹などを刈ってたから、実質は2株くらいでしたが、カンナはホントに強固。こんな思いをして抜いても、捨てた処からまた生えちゃうんでしょう?
焼くのも、生ゴミに出すのも気が引ける。どうしたらいい?う〜ん、悩みます。
このカンナを欲しいという人はいないかな?…いませんよねぇ。。

いえ、全部なくしたいというわけではありません。坂に沢山あるのです。しかし「ここは公道。車の往来に邪魔」と農家さんに言われてはいます。しかし、なんといわれてもカンナは抜きにくいですからねえ。

Endive23先日(12/3)菜園にイタリアンホウレンソウのたねまきをした時に発見したエンダイブ、スクスク育っています。(イタリアンホウレンソウは、まだ発芽せず)
これ、こぼれだねからの発芽なのです。
夏、ぼーぼーと夥しい量で、うすむらさき色の花をつけていたのが、発芽したというわけで。
これは中々いい感じ。ラディキオ&ミズナの2種類から抜けられるかも。

ホワイトプチヴェール、甘ケールは、生長せず。枯れもせず。そのまま。なんでかなあ。
隣の茎ブロッコリーやサボイキャベツはスクスク育っているのに。
来年2月の終わりから育つのかなあ。

前に草刈りした処に、小松菜とおぼしきアブラナ科の葉っぱが沢山出て来ているのを発見!きゃっほー!
そういえば、此処に黄色い花盛りの小松菜を捨てたっけ。今年は小松菜をまき忘れちゃってどうしようかな、と思ってたところでした。
ギザギザの葉のものもありました。交雑しちゃったんですね。
小松菜の丸い葉を穫り、鶏雑炊に入れました。ふふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧